アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiPhone 7スペック、インテルのモデム勝利を提案

日本時間: 2016年9月8日 5時48分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、次期スマートフォンiPhone 7シリーズで、マイクロプロセッサの巨人インテル(NASDAQ:INTC)のセルラーモデムチップを使用することに関するうわさは、かなり多くありました。アップルのウェブサイト上での新型携帯電話仕様のリリース発表とそれ以降、インテルがiPhoneの受注量の部品を獲得したというのは明らかです。

■確かな証拠
アップルのウェブサイトには、iPhone 7とiPhone 7 Plusの主要技術仕様が掲載されています。これらの仕様は、携帯電話がサポートする様々なセルラー規格や無線バンドの一覧表を含みます。

サイト掲載の各iPhoneモデル向け無線帯域の情報は次のとおりです。

2016年、アメリカでは少なくとも、iPhone 7とiPhone 7 Plusそれぞれで2つのモデルを提供します一方はCDMA規格をサポートし、もう一方はしません。

クアルコム(NASDAQ:QCOM)製モデムはCDMA規格をサポートし、インテル製のはしないという事実によるもので、これはほぼ確実です。したがって、アップルが両方のチップメーカーからモデムを入手するために、新型携帯電話にはそれぞれ2つのモデルを作る必要がありました。

■追加観察
CDMAサポートがあるモデルはまた、TD-SCDMAはサポートするが、そうでないモデムはその仕様がないことに注意しましょう。TD-SCDMAは、中国で人気の無線規格です。したがって、アップルが中国で販売するiPhone 7/7 Plusモデルは、インテルのモデルではなく、クアルコムのモデムを備えていると予想されます。

アメリカでは、アップルのiPhoneアップグレード・プログラムを通じて販売される携帯電話は、より広範囲な互換性を可能にするために、クアルコムのモデムを使用するでしょう。

しかし、私は、米国でGSMキャリアを通じて販売される携帯電話がインテルのモデムを使用すると予想します。このことは、それらのキャリアを満足させるはずです。なぜならば、そのキャリアから販売された携帯電話使用者にとって、CDMAネットワーク上で電話を使用することを不可能にさせるからです。GSMのiPhoneを持つユーザーが別のGSMキャリアへ---たとえばAT&T(NYSE:Y)からT-Mobile US(NASDAQ:TMUS)へ、またはその逆---切替ができるため、このことは完全に顧客を捉えていません。けれども、その切替をより困難にさせます。

■将来を見据える
アップルが、次世代iPhone 7でクアルコムとインテルの両方からのモデム供給を継続決定をした場合、CDMAをサポートしないモデルを提供する必要があります。なぜならば、インテルの次世代モデム、XMM7480は、標準をサポートしていないからです。

私は、後続モデムがCDMAのサポートを提供すると考えています。その後続モデムは、インテル幹部から漏れたメモに関する記事で、The OregonianがXMM7560と命名することを明らかにされました。2015年後半に、インテルがVIAテレコムのCDMA資源を買収しました。インテルがうまくいった場合、その技術が2018年のiPhoneのためにXMM7560に統合されるはずです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

フロンテオ   EPAMシステムズ   アマゾン.com   iShares Commodities Select Strategy ETF   ウェルタワー   サウス・ジャージー・インダストリーズ   アルファベット   スパーク・セラピューティックス   ケイト・スペード・アンド・カンパニー   セルジーン   ファイヤーアイ   サイモン・プロパティ・グループ   プロクターアンドギャンブル   アルファベット   ヴァーレ   モービルアイ   エベレスト・リ・グループ   ファイザー   ティアラボ   ギャップ   コーニング  

このニュースの関連企業・銘柄

インテル<INTC>
アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング