アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、MacOS Sierra OS最新ベータ版アップデートについて知るべきこと

日本時間: 2016年8月25日 4時24分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、次世代MacBook Proに搭載しようとするオペレーティングシステムの完成により近い段階に移行します。信頼性の高いうわさによると、MacBook Proはついに、最初の発売から4年後に更新されることになりそうです。2016年末前のデバイス公式発表とともに、アップルの9月のイベントで、次世代MacBook Proモデルについて発表すると強く予想されています。MacOS Sierraの最新ベータ版更新は、オペレーティングシステムの以前のベータ版アップデートで検出された、いくつかのマイナーな問題を修正するように設計されています。そして、次世代MacBook Pro発売に先行して、アップデートにより、OSの完成が非常に近いことを示すいくつかの重要な機能を向上させたとしています。

MacOS Sierraの最新ベータ版アップデートが提供する予定であるものについて、アップルは具体的に言及していません。けれども、次世代MacBook Proに搭載のオペレーティングシステム最終版を完成させる、ハイテクの巨人の努力によることは確かです。MacOS Sierraの過去のベータリリースは、次期OSが次世代MacBook Proへ新機能をもたらすことを明確に示しました。おそらく、MacOS Sierraが次世代MacBook Proにもたらす最大の変化は、音声起動仮想アシスタント・Siriの機能搭載です。次世代MacBook ProへのSiri搭載のおかげで、音声起動デジタルアシスタントを呼び出し、物理的にデバイスをエンコーディングさせずに、Googleでの検索のような基本的タスクの実行が可能になります。MacOS Sierraが次世代MacBook Proにもたらすもう一つの巧妙な機能は、互換性のあるApple Watchを使用してのロック設定・解除です。さらに、次期オペレーティングシステムは、Safariの上でFlashコンテンツを自動的に無効にします。そのことにより、より高速なブラウジングにつながり、次世代MacBook Proのバッテリー寿命を改善します。

MacOS Sierraの第7版ベータ・アップデートで提供される新機能・改善は、今後のソフトウェアが次世代MacBook Proの機能性を大幅に改善することを示します。アップルのベータ・ソフトウェアプログラムに登録されている場合、間違いなくその先の手続きに進み、MacOS Sierra最新ベータ版のアップデートを試みるべきです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   SPDR・KBWバンク・ETF   アクチュアント・コーポレーション   フェイスブック   アリババ・グループ・ホールディング   アマゾン.com   3Dシステムズ   PowerShares Exchange-Traded Fund Dynamic Software Portfolio   Tesoro Logistics LP representing Limited Partner Interests   ロッキード・マーティン   ボストン・サイエンティフィック   レベル・スリー・コミュニケーションズ   USスチール   ジブラルタル・インダストリーズ   BWX Technologies inc   ロイス・マイクロキャップ・トラスト   ニュー・レリック   アップル   マーケット・ベクトル・金鉱株ETF   iShares Agency Bond   ナッコ・インダストリーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング