アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

デルファイとモービルアイ、自動運転システム開発で提携

日本時間: 2016年8月23日 12時56分 公開

自動車部品大手のデルファイ・オートモーティブ(Delphi Automotive PLC)とモービルアイ(Mobileye)は、自動運転システム開発のため提携し、2019年をめどに自動車メーカーへ供給開始することを目標としています。
デルファイとモービルアイの両社は、小型車からSUV、ピックアップトラックといった多様な車種に搭載することのできる自動運転システムを開発し、自動運転技術の開発競争の中心となることを目標としています。
この提携では数億ドルの資金が投入されるとしているものの、詳細は明らかにされていません。

ゼネラル・モーターズ(General Motors Co.)からのスピンオフ企業であるデルファイと、エルサレムに本社を置くモービルアイは現在、自動運転技術に関するセンサーやソフトウェアを開発し、自動車メーカーに供給しているものの、自動車販売の停滞や、自動車メーカーが自社開発の部品を使用していることなどにより、苦境に立たされています。
デルファイの株価はこの1年間で6%、モービルアイの株価は1年で11%低下しています。

自動車メーカーは、多くの部品をサプライヤーに頼ることが一般的であるものの、自動運転技術に関しては自社で開発し、コントロール下に置くことが志向されています。
ゼネラル・モーターズは今年の初めに、自動運転技術スタートアップのクルーズ・オートメーション(Cruise Automation Inc.)を買収したほか、フォード・モーター(Ford Motor Co.)は、いくつかのハイテク企業と共同でペダルやハンドルのない自動車を2021年までに発表すると、先週述べています。

多くの大手自動車メーカーが自動運転技術を開発している中で、自動車部品メーカーがこの開発競争に加わることは不利と思われます。
しかしながら、モービルアイとデルファイの開発する自動運転技術は、自動運転技術に対する巨額の投資が不可能な中堅の自動車メーカー等に訴求することができると考えられており、実際にモービルアイはすでにBMWなどいくつかの自動車メーカーとパートナーシップを締結しています。

来年1月には、デルファイとモービルアイは、複数の車線を横切っての左折や、高速道路での合流、ロータリーへの進入など、複雑な状況下における自動運転技術の実証を行うものと期待されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エジソン・インターナショナル   ETRACS S&P GSCI Crude Oil Total Return Index ETN due February 22 2046   ナム・タイ・プロパティ   The York Water Company   iShares International Select Dividend   DB Agriculture Short ETN due April 1 2038   アバゴ・テクノロジーズ   フーリハン・ローキー   Washington Real Estate Investment Trust   ブラック・ボックス・コーポレーション   ブラックロック・タキサブル・ミュニシパル・ボンド・トラスト   BHPビルトン   ブラックロック・ミュニシパル・ボンド・トラスト   Legg Mason Developed EX-US Diversified Core ETF   Invesco Senior Income Trust   Hallador Energy Company   Nuveen Enhanced Municipal Value Fund of Beneficial Interest   Oppenheimer Mid Cap Revenue   Texas Capital Bancshares Inc. Non Cumulative Preferred Perpetual Stock Series A   iShares Russell Top 200   QAD Inc.  

このニュースの関連企業・銘柄

ニュー・ドイツ・ファンド<GF>
デルファイ・オートモーティブ<DLPH>
モービルアイ<MBLY>

リアルタイム・検索ランキング