アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)次期WatchOS 3オペレーティングシステムの期待するところ

日本時間: 2016年8月23日 3時48分 公開

アップル社(NASDAQ:AAPL)は、WWDC2016で正式に、WatchOS 3オペレーティングシステムを発表しました。信頼できる情報源によると、次世代Apple Watchに合わせて、アップルは正式に9月から次期WatchOS 3の展開開始をすることになります。WWDC2016のイベント中、ハイテクの巨人は、今後のWatchOS 3ソフトウェアが、Apple Watch搭載の現世代OSより大幅に高速化・効率的になるように特別に設計されていることを発表しました。次世代Apple Watch向け互換性アプリケーション開発のための十分な時間を取るために、アップルはサードパーティ開発者に対して次期WatchOS 3の利用を解放しました。以下の点は、Apple Watch 2向けに設計されたハイテクの巨人のOSから期待できることです。

■より高速なパフォーマンス
WWDC2016で、アップルはスマートウォッチのデバイスパフォーマンスを向上するために、いかに次期WatchOSが特別に設計されたのかを実証しました。興味深いことに、ハイテクの巨人は、現世代オペレーティングシステムと比較して、WatchOS 3はプログラム実行で7倍速く稼働すると主張します。

■より効率的に
現世代Apple Watch最大の欠点は、定期的に一晩の充電が必要となる貧弱な電池性能です。ライバルのスマートウォッチがバッテリー寿命の良いものを提供しているため、ハイテクの巨人は、この重要な問題を解決することが必要でした。幸いにも次期WatchOS 3は、次世代Apple Watchのバッテリー寿命を向上させるより効率的なオペレーティングシステムであると考えられています。

■ユーザーインターフェイスの向上
WatchOS 3が次世代Apple Watchに与える最大の改善点の一つとは、新規かつ改良されたユーザーインターフェースです。オリジナルのApple Watchのユーザーインターフェースは、十分に立派なものでしたが、アップルはより大きなものを、より優れたものにしました。WatchOS 3のユーザーインターフェースはスムーズだけでなく、次期Apple Watch 2の機能性を改善するように設計されています。

クパチーノベースのハイテクの巨人が、次世代Apple WatchとともにWatchOS 3を発表する9月のイベントが、数日後に迫っています。Apple Watch 2向けに設計されている次期OSに関するニュースからの更新に注目し、期待しましょう。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

レナー   CSRA   アイソレイ   オン・デック・キャピタル   モリーナ・ヘルスケア   フェイスブック   FMCテクノロジー   アクサルタ・コーティング・システムズ   アリババ・グループ・ホールディング   アプライド・マテリアルズ   エヌビディアコーポレーション   ファースト・ソーラー   ツイッター   プルデンシャル   イルサ・インバージョネス・イ・レプレゼンタシオネス・ソシエダ・アノミナ   アルファベット   ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーション   インターロック・ミネラル   パロ・アルト・ネットワークス   メディシノバ   ギリアドサイエンシズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング