アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)FaceTime対アルファベット(GOOGL)Duo:どちらが優位か

日本時間: 2016年8月17日 4時41分 公開

メッセージングアプリケーションは、単純にメッセージ送信の点を超えた進化をしてきました。アップル(NASDAQ:AAPL)は、メッセージングアプリケーション時間とともに進化し、最愛の家族・友人とのコミュニケーションでの複雑、かつ双方向的な方法を、ユーザーに提供しなければならないということを、いち早く把握したスマートフォン企業でした。そこで、ハイテクの巨人は、のちにiOSデバイスにとって革新的機能であると判明したFaceTimeを思い付きました。数多くのライバル企業がユーザーに提供した同様の機能は、アップルのFaceTimeのパフォーマンスには及びませんでした。しかしながら、この傾向はついに、終焉を迎えようとしています。アルファベット(NASDAQ:GOOGLは)が、直接アップルのFaceTimeとの競合を目指すために、待望のグーグルDuoアプリケーションをリリースしました。グーグルのDuoアプリは、アップルのFaceTimeの優位性と比較して、どのようなものなのか?どちらが優れているかを判断するために、この2つのプレミアムメッセージングアプリケーションを徹底的に比較をしましょう。

■ユーザーインターフェース
アップルのFaceTimeで最初に挙げることは、インターフェースを介してユーザーに提供されるシンプルさと使いやすさでした。グーグルも同様に、iOSユーザーが非常に歓迎するようなユーザーインターフェースを使用して、シンプルかつ使いやすさを提供しています。したがって、両方のメッセージングプラットフォームは、それぞれのユーザーインターフェース設計のための等しい信頼・支持に値します。

■ビデオ品質
おそらく、2つのメッセージアプリケーション間を決定づける最大重要事項です。プラットフォームがユーザーにもたらすはっきりとした映像品質により、アップルがビデオ通話メッセージングアプリケーション市場にかろうじて優位であることは明らかです。しかしながら、電波が弱い場合、通話中の不要なフリーズや遅延を引き起こす恐れがありますが、ほとんどの場合のFaceTime機能には支障はありません。一方、グーグルのDuoは、遅延・フリーズがなく、完璧なビデオ通話を提供しています。電波が弱い場所でも、グーグルのDuoは、アップルのFaceTimeよりもはるかに良好に機能します。したがって、この点に関してはグーグルが優位に立っています。

■ユニークな特徴
非常に革新的でユニークな機能の一つに、グーグルDuoにはユーザーがビデオチャットを要求している人物のライブ画像を見ることができる「Knock Knock」があります。この機能は、ライブフィードのような役割を果たし、呼出中の人物の視覚的プレビューを提供しています。一方、FaceTimeは、オーディオクリップ記録と連絡先送信というオプションを提供しています。この機能は、ユーザーがビデオ通話に出られないが、入力することなく長いメッセージを送信しなくてはならないというときに、非常に便利です。

■総括
両方のメッセージングプラットフォームは自身の階級で最高に位置しており、ユニークな機能のおかげで、優位な立場にあり続けています。しかしながら、我々が2つの中から選択しなければならない場合、グーグルのDuoに票を入れなければならないでしょう。というのも、主要ライバルのアプリに比べて、ユーザーにより多くのものを提供しているからです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ハーモニー・ゴールド・マイニング   テスラモーターズ   アンダーアーマー   アレクシオン・ファーマシューティカルズ   アルファベット   メルク   HMN Financial Inc.   バンク・オブ・アメリカ   ゴールドマン・サックスBDC   スプリント・ネクステル   エヌビディアコーポレーション   フリーポート・マクモラン   オートネーション   アップル   ガムコ・インベスターズ   アプライド・マテリアルズ   トライ・コンチネンタル・コーポレーション   PowerShares DWA SmallCap Momentum Portfolio   アメリカン・エキスプレス   インフィニティ・プロパティ・アンド・カジュアルティ   アマゾン.com  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>
アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート