アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベット(GOOGL)、Chrome OSとAndroidをFichsiaに交換?

日本時間: 2016年8月15日 21時0分 公開

アルファベット(NASDAQ:GOOGL)が、Fuchsia(フクシア)と呼ばれる新規オペレーティングシステムを構築中であるとうわさされています。Fuchsia OSは、オンライン産業で巨大な騒動を引き起こしました。疑問点として、FuchsiaはChrome OSとAndroidを引き継ぐかということです。

言及には時期尚早かもしれませんが、グーグルが将来的にChrome OSと広く人気のあるAndroid OSに取って代わる可能性があると述べた時点で、Android Policeはこの見通しを否定しませんでした。また、サムスンがGearスマートウォッチ向けにTizen OSを使用したことと同じように、グーグルがGoogle HomeやOnHubスイッチのようなガジェット向け軽量OSとしてFuchsiaを使用する可能性があると述べています。

Chrome OSやAndroid、Chromecastのような他のシステムプログラムのような、Linuxのカーネルベースではないため、Fuchsia OSは広く普及しつつあります。Fushsia OSは、パソコンや電話、Chromebooks、その他インターネットガジェトなど、ほとんどのデバイス上で動作するとされています。

Fuchsiaは、GitHubのページから誕生し、32ビット・64ビットARM CPUと、64ビットのインテル搭載パソコンをサポートします。Engadgetによると、グーグルのダートプログラミング言語を使用しています。

Fuchsia OSはグーグルにおいて別研究にあり、近い将来にリリースされることはまだ時間がかかりそうです。グーグルは、これまでのよりも比較的大きなものを使用することを狙っているのかもしれませんが、まったく確認が取れていません。今後、グーグルはRaspberry Pi 3を操作可能であります。

グーグルは来月、最新のNexusデバイスのリリースが期待され、新規デバイス構築のためにHTCとの提携があるという報告があります。新規デバイスは、比較的低価格でラインスペックの上位を伴い、最新Android 7.0 Nougat OSの搭載が期待されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

CSR Plc   ゴー・プロ   アリババ・グループ・ホールディング   ブルーロック・レジデンシャル・グロースREIT   グローバル・セルフ・ストレージ   Columbia Sustainable International Equity Income   UBS AG Exchange Traded Access Securities   BioLife Solutions Inc.   Concurrent Computer Corporation   マイクロチップ・テクノロジー   エヌビディアコーポレーション   コーニング   ProShares Ultra MSCI EAFE   Titan Machinery Inc.   サバーバン・プロパン・パートナーズ   アボット・ラボラトリーズ   ウェージワークス   オーキッド・アイランド・キャピタル   イレブン・バイオセラピューティクス   iシェアーズ・S&P500・バリューETF   ASMLホールディング  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング