アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)、サムスン・エレクトロニクス(SSNLF)最新旗艦Galaxyデバイスからの深刻な脅威配下にある可能性

日本時間: 2016年8月9日 22時16分 公開

長年、アップル(NASDAQ:AAPL)とサムスン・エレクトロニック(OTCMKTS:SSNLF)は、スマートフォン産業界で激しいライバル争いをしてきました。元来、アップルは韓国ベースの相手を支配しているが、哲学のシフトチェンジによりこの数年、サムスンはより良きライバルを持っており、その傾向は継続しているようです。

サムスンの最新旗艦Galaxyデバイスがまだスマートフォン業界にあるという印象的な目印を考慮すると、アップルは、約1か月後に次世代iPhoneモデルをリリースする予定ですが、そのニュースは無関係と思われます。サムスンのわずかな輝きを上回る、あるいは一致させるために、クパチーノベースのハイテクの巨人が過去数年間で達成し損ねている外部原因を書考える必要があります。

アップルにとってもっとも厄介な側面は、次世代iPhoneモデルのリリースからまだ1か月あるということです。しかしながら、サムスンはすでに主力Galaxyデバイスのリリースは、スマートフォン業界での首位独走を固定するための競争で、アップルに対して戦略的なリードを与えました。正式な次世代iPhoneリリース前に、アップルが1か月待っている間、サムスンはiPhoneユーザーに対して、潜在的に最新Galaxyデバイス購入を納得させるための多くの時間を持つことになります面白いことに、多くのiPhone 6ユーザーの携帯契約が終わりに近づいていることは、サムスンがアップルの市場シェアをむしばむ別の機会を与えています。

サムスンがアップルの市場地位を損傷する別の出来事は、Galaxy Note 7における仕様にあります。サムスンGalaxy S7 Edgeは非常に印象的なスペック提供をしていても、アップルがそれに一致することは期待されていません。信頼性の高いサイトの指摘では、次世代iPhone 7が前身モデルと比べ、いくつかの変更点があると期待されていても、今後のデバイスはスマートフォン市場へ革新的機能をもたらすとは予想されていないとしています。

サムスンはすでに、Galaxy S7 EdgeとGalaxy Note 7に「Iris Scanner」を導入しています。簡単に言えば、サムスンは、主力Galaxyスマートフォンにアップルに追随されない特徴を詰め込みました。

次世代iPhone 7におけるマイナーな変更に関する噂が本当であるならば、アップルは覚悟したほうがよいでしょう。クパチーノベースのハイテク巨人には時間が不足していて、サムスンの抵抗力に対して一致させるために新しい方法を考える必要があります。そうでなければ、次世代iPhoneという形で失望させ、平凡的なデバイスをリリースしようとする前に、アップルは止めておいたほうがよさそうです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

モービルアイ   ASMLホールディング   iシェアーズ・MSCI・チリ・キャップド・ETF   アリババ・グループ・ホールディング   iシェアーズ・S&P・グローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド   AmTrust Financial Services Inc. 7.25% Subordinated Notes due 2055   レッドハット   ギリアドサイエンシズ   1347 Capital Corp. Unit   ハーモニー・ゴールド・マイニング   アマゾン.com   アルファベット   パロ・アルト・ネットワークス   IQ 50 Percent Hedged FTSE International   トランスオーシャン   Apollo Investment Corporation 6.625% Senior Notes due 2042   ユナイテッドレンタルズ   プロト・ラブズ   センティーン・コーポレーション   セールスフォース・ドットコム   アップル  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング