アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)iOS 9.3.4をリリース:誰のためのアップデートなのか

日本時間: 2016年8月9日 21時22分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)のiOS 9.3.3の発表では、オープンテストのために5つのベータ版と数か月の期間を要しました。9月中にリリース予定のiOS 10に対する、最後のiOS 9の形式であろうということが一般に知られていましたが、iOS 9.3.4は予告なしに発売されました。したがって、このような突然の更新への移行は推奨すべきことでしょうか?見ていきましょう。

iOS 9.3.4は、iPhone 4s以降とiPad 2以降、iPad Pro、第5世代iPod touch以降に対応します。ユーザーには再設定が求められますが、通知が表示されない場合、手動で設定することができます。

いつものように、iOSの再設計はガジェットに依存します。iOS 9.3.4は、およそ20MBから80MB周辺です。

iOS 9.3.4には、さまざまなクライアントに影響を与えうるであろう一つの大きな欠点があります。それは、最新の脱獄ツールPanguを修正することです。

長きにわたり、最大の脱獄ツールであるPanguとTaiGは、iOS 9.1に付随する最後の成果をもって、iOS 9を回避しようとしました。PanguがiOS 9.3.3への更新に伴い進歩をしたとき、変更しました。けれども、アップルはすぐにiOS 9.3.4で閉鎖しました。

アップルのサポートコミュニティは、ワードリファレンスとバッテリーガジェットが正常に動作しないといった報告がされているマイナーな問題について、メモを集めています。

アップルの免責事項ノートにより、iOS 9.3.4には一つ、不可解なものがあります。「iOS 9.3.4は、iPhoneやiPadに不可欠なセキュリティアップグレードを提供し、すべてのクライアントのために提案されています。」

加えて、この点を除き新しく含まれているものはありません。

iOS 9.3.4のリリースは突然であり、Panguの脱獄ツールの修正に関して排他的であるというある程度の印象を有しています。このことが本当であり、アップルがこのような理由のためだけにOSを再設計していたと仮定すると、長期間耐えてきた動きを鎮静化するために組織がいかほどに集中してきたかということを示します。

もしあなたがiPhoneとiPad、またはiPod touchを使用していないならば、iOS 9.3.4から距離を置くことはほとんどありません。とりわけ、数少ない種類のプログラマーに対して、iOS 9.3.3に着手するための可能性があるように、Panguにもその方法はあります。

iPhone 7とiPhone 7 Plusのリリースまでわずか1か月あり、iOS 10とその重要な更新に対してすべての重点を置くことになります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

イェルプ   バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル   CKE   C&Jエネルギー・サービシズ   Sensus Healthcare Inc. Warrant   iシェアーズ・インターミディエイト・クレジット・ボンドETF   アップル   リバティ・ベンチャーズ   バーテックス・ファーマシューティカルズ   アルファベット   CITグループ   スクエア   アマゾン.com   キメラ・インベストメント   ストラテック・セキュリティ   Victory CEMP International Volatility Wtd Index ETF   iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF   コンパニア・エネジェティカ・デ・ミナス・ジェライス・セミグ   ギリアドサイエンシズ   エム・エフ・エス・インターメディエート・ハイインカムファンド   ニュー・ホーム・カンパニー  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート