アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、中国スマートフォン市場で上昇可能か?

日本時間: 2016年8月9日 1時41分 公開

ハイテクの巨人アップル(NASDAQ:AAPL)は、その成長の保持に支障をきたすことに直面し続けています。その様子は、iPhoneメーカーに対して状況は少しも改善されていません。2016年6月30日に終了した四半期で、5890億ドル企業の、中国本土・香港・台湾での売上高は前年度比33%減少でした。その主要市場の米国に続き、中国はアップルにとって次期高成長スマートフォン市場として機能すると仮定されていただけに、投資家にとって非常に憂慮すべきことです。しかしながら、そのようなことはありません。

アップルは、もはや中国の消費者に喜ばれていません。13年前の立上げ時、中国の消費者には「ステータスシンボル」でしたが、そのようなことはありません。その多くが、ファーウェイやシャオミなどの地元競合他社製造の安価、かつ同等品質を有するスマートフォンを持っています。

iPhoneメーカーは数年間、非常に革新的なデバイスとしてスマートフォンを推進しました。長年にわたり、ライバル企業は機能に追いついた一方、アップルは革新の維持に失敗しました。アップルは、2016年秋に次世代iPhoneをリリースする予定です。そのデバイスが2つのフロントカメラを持っているといううわさがありますが、すでにリリースされた華為技術ファーウェイのP9とシャオミのRedmi Proにデュアルレンズ機能があるとすると、けっして驚くことではありません。

2016年会計年度第2四半期まで、中国がアップルにとって急成長市場であり続けた事実に基づけば、挽回のための行動を迅速に取る必要があります。iTunesサービスは中国で禁止されていて、さらに中国企業のiPhone商標の悪用における訴訟にも直面しています。

研究グループCanalysによると、中国のトップ3スマートフォンのブランドは、OPPOとVivo、ファーウェイです。市場調査会社Counterpoint Technologyは、OPPOは第2四半期では22%の市場シェアで上位になったと伝えました。Canalysは、アップルは9%のシェアで5位、サムスンは6位であり、中国のスマートフォン市場は四半期比3%増であると伝えました。

IDCのアナリスト、Bryan Ma氏は、中国の消費者は非常に優柔不断であり、平均的な消費者よりもはるかに早く技術に飽きてくると指摘しています。アップルの投資家が心配するもう一つの問題は、漏えいしたiPhone 7の画像はiPhone 6sと増分的な違いがないということです。

中国におけるアップルの苦境は、ただ悪化しようとしていると思われます。The Country Callerは引き続き、関連する開発に関する情報を更新します。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ダフ・アンド・フェルプス・ユーティリティ・アンド・コーポレート・ボンド・トラスト   アバクロンビー&フィッチ   インダストリアス・バチョコ   レナー   シェブロン   アクセンチュア   バンガード・MSCI・EAFE・ETF   バイオジェン・アイデック   百度公司   アルファベット   ウォルマート・ストアーズ   スーパーナス・ファーマシューティカルズ   ナショナル・インスツルメンツ   アルファベット   クオリス   ダナハー・コーポレーション   ダコ・ニューエナジー   PowerShares DWA Developed Market Momentum Portfolio   アクティビジョン・ブリザード   パワーシェアーズDBシルバー・ファンド   コカ・コーラ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング