アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)iOS 10対iOS 9:最新オペレーティングシステムの最良新機能

日本時間: 2016年8月1日 23時48分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)のiOS 10は、9月にリリース予定であり、iPhoneとiPad、iPod touchで利用できるようになります。新アップデートは、旧モデルでも利用できます。けれども、一部の古いデバイスは、アップグレード後でさえもすべての新機能を得られない可能性があります。新OSの初期段階を試したいユーザーは、アップルのベータプログラムにサインアップし、新OSのベータ版をダウンロードすることができます。今回、iOS 10の概要と、その前身のiOS 9と比較した新機能を見ていきましょう。

■メッセージと絵文字
iOS 10でアップルは、アップグレーされた絵文字とステッカー、アプリのアクセス権を有するメッセージアプリを再設計しました。ユーザーは会話中に、メッセージアプリでビデオを見られます。そして、文字入力の際の絵文字予測機能も使用できます。

■ロック画面と、ウェイク機能
iOS 10のロック画面は、通知や壁紙を表示する半透明な外観を有し、より洗練されたものになりました。新しい改善点として、デバイスを拾い上げた際にホーム画面を点灯するウェイク機能があります。また、3Dタッチ機能により、ロック画面から直接返信できるようになりました。

■Siri
Siriは、iOS 10において重大な発展を遂げました。アップルはついに、サードパーティ開発者向けにデジタルアシスタントを公開しました。そのことは、WhatsAppを開くときやUberで呼び出すときに、Siriが使えるようになることを意味します。Siriは、Spotifyなどのサードパーティ製音楽アプリで使えるようにもなりました。さらに、デバイス上の写真検索のために、バーチャル・アシスタントもアップグレードされました。

■写真
iOS 10にアップグレードされた写真アプリは、顔認識機能と、画面認識機能をサポートします。ユーザーは、子犬のようなものを検索することができます。そして、もし、iPhoneで子犬を撮影した際には、それが画面上に表示されます。さらに、ユーザーは、ライブ画像の一部の損失を心配することなく、ライブ画像の編集ができるようになります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Aradigm Corporation   アルファベット   ノア・ホールディングス   SPX   バリュー・ライン   スパーク・ネットワークス   ハワイアン・ホールディングス   ウォルマート・ストアーズ   テキストロン   Stericycle Inc. Depository Receipt   ファイヤーアイ   ケアトラストREIT   ATRM Holdings Inc   ティアラボ   アボット・ラボラトリーズ   DB・インバース・ジャパニーズ・ガバメント・ボンド・フューチャーズETN   バルケム・コーポレーション   ハーシー   グリーンブライアー・カンパニーズ   Q2ホールディングス   ドイツ銀行  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

間近によく検索されている銘柄ランキングです
ビザ