アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)Watch 2、9月または10月にデビュー

日本時間: 2016年7月27日 3時56分 公開

部品メーカーは、第2世代Apple Watchにおける需要低迷を示しています。

アップル(NASDAQ:AAPL)のiPhone 7は、2016年9月までに発表される唯一の製品ではありません。Digitimesに公表された以前の報告書によると、クパチーノに本社を置く企業は、9月または10月のいずれかに、新世代Apple Watchを導入するかもしれないだろうとのことです。

2つのデバイスにおけるリリース期間は、唯一の共通要因ではありません。多くのiPhone 7のように、Apple Watchの予想需要が低いことが予想されます。Digitmesが発表した報告書によると、ウェアラブルとタブレット両方向けの部品メーカーは、2016年下半期中により控えめな注注文台数に直面するとし、そのような出来事は2016年度中のメーカーのパフォーマンスに対して、有意な負の影響を与える可能性があるとしています。

第2四半期にスマートウォッチ市場の半分近くを保持するApple Watchは、伝えられるところでは、過去に同様のサプライヤーの最低ライン出荷台数に対して、負の影響を与えてきました。Apple Watchの悪印象を呈しているパフォーマンスにおけるおもな理由は、制限されたアプリケーションと弱いバッテリー寿命のせいで、スマートウォッチがいまだに主流の注目を得るには至っていないということです。今後、縮小傾向にあると予想されるスマートウォッチ市場を考慮すると、その製品カテゴリーにとっては、サプライヤー向けの実行可能な成長触媒を出現させるためにはしばらく時間がかかりそうなことです。

一方、タブレットの出荷台数は、販売台数が200万台で頭打ちされた2014年から、減少傾向にありました。タブレット市場全体は、2-in-1デバイスと接続された大画面スマートフォンの人気の高まりによって、すでに忘却点に向かって縮小の一途をたどっています。

iPadの販売台数の減少によって、サプライヤーの最低ラインの数字は大幅に減少しています。一方、非アップルのタブレット端末について、望みが薄いマージンに起因しているため、サプライヤーたちは注文を拾い出すことにあまり関心がありません。アップルの株価は、2016年7月26日の取引中に、およそ0.7%ダウンしていました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   スクエア   フランクリン・ユニバーサル・トラスト   JPモルガン・チェース   iShares Spain Index Fund   パシラ・ファーマシューティカルズ   マンカインド・コーポレーション   タタ・モーターズ   ERBAダイアグノースティックス   アプライド・マテリアルズ   ペイパルホール・ディングス   バンガード・新興国株式ETF   iShares Trust Energy Sector Index   シティグループ   エヌビディアコーポレーション   3Dシステムズ   オンコサイト   ツイッター   USスチール   SPDR・S&P・ロシア・ETF   シュニッツァー・スチール・インダストリーズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング