アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アルファベットAndroid Nougat 7.0対アップルiOS 10:だれが最高位に君臨するか?

日本時間: 2016年7月26日 22時18分 公開

アルファベット(NASDAQ:GOOGL)とアップル(NASDAQ:AAPL)は、今年後半に公式版リリースの準備を見通した、モバイル向けOSの最新版プレビューをリリースしました。iOS 10とAndroid Nougat 7.0はどちらも、ユーザー向け新改良・機能を有することで、両方OSは機能・デザインの面で以前よりも互いに似かよっている部分があります。今回、各OSの新機能を概観し、全体的なユーザーエクスペリエンスの面で優れているかどうかを見てみます。

アップルはiOS 10で、そのユーザーインターフェイスを再設計しました。ユーザーが通知をひと目見て、iPhoneをちょっと持ち上げれば時刻を確認できる、新型Wake Up機能が付いています。通知提供するウィジェットのような、新iOS 10のウィジェット・サポートもあります。アップルはまた、サードパーティ開発者向けにウィジェットを開放しました。

Android Nougat 7.0は、携帯電話が一日中持続することが確認されたDoze機能が強化されたという変更点があります。また、一つの画面に複数のウィンドウを表示するオプションをもたらす、改良されたマルチタスク機能もあります。新OSはさらに、バーチャル・リアリティ(VR)の視聴体験を可能にするVR向けのよりよい最適化を有します。

iOS 10で、アップルはついに、サードパーティ開発者向けにSiriを開放しました。このことは、ユーザーがSiriに尋ねることにより、Uberを予約し、またはWhatsAppを開くことができるようになることを意味します。Siriはまた、より速いタイピングが可能となる新型Quick Typeキーボードと統合されることになります。これにより、Siriは候補一覧にある連絡先や住所などのテキスト予測ができるようになります。

グーグルは、完全な会話を行うことが可能になるGoogle Nowアシスタントに新しい機能を追加しました。Google Nowにより提供される新型Google Homeアシスタントを、グーグルが発表した後に、その機能が利用可能になります。

どちらのOSもユーザー向けにユニークな機能を提供していますし、両者甲乙つけがたいものです。アルファベットとアップル両社も、ユーザーフィードバックに耳を傾け、バッテリー寿命を向上させ、より円滑なマルチタスク機能を提供する改良を加えてきました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

エヌビディアコーポレーション   プロクターアンドギャンブル   バイオジェン・アイデック   アプライド・マテリアルズ   コカ・コーラ   E-Digital Corporation   ファイザー   iシェアーズ・日本大型株ETF   トライ・ポイント・ホームズ   アップル   ロイヤルグローブ·ホールディング   ファイヤーアイ   テキサス・キャピタル・バンクシェアーズ   Direxion Daily Financial Bear 1X Shares   メディシノバ   ユニバーサル・ディスプレイ・コーポレーション   ザイリンクス   ギリアドサイエンシズ   Guggenheim S&P 500 Top 50   ビザ   3Dシステムズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>
アルファベット<GOOGL>
アルファベット<GOOG>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート