アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ABインベブ、SABミラー買収額を引き上げ

日本時間: 2016年7月26日 15時35分 公開

ベルギー、ルーヴェンに本社を置くビール製造世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(Anheuser-Busch InBev N.V.)は、イギリスのEU離脱国民投票によって大幅なポンド安となったことを受け、イギリスに本社を置くビール製造世界2位のSABミラー(SABMiller plc, plc)の買収額を790億ポンド(およそ1030億米ドル)へ引き上げることを発表しました。
この買収額引き上げによって、SABミラーの株主は1株当たり45ポンドでSABミラー株を売却できることとなり、以前提示されていた買収額よりも1ポンド高くなっています。

SABミラーの第6位の株主であるアバディーン・アセット・マネジメント(Aberdeen Asset Management)は、この買収額引き上げについてもSABミラーは依然過小評価を受けているとして容認していません。

イギリスの国民投票の結果によって、ABインベブのSABミラー買収は、2つの点でその取引が魅力的ではなくなっていました。
一つは、買収取引完了までポンド安が続いた場合に、SABミラーの浮動株のうちおよそ20%を保有するアメリカの投資家が、ドル換算で期待を下回る現金を受け取ることとなる点です。
また、二つめとしては、ポンド安によってイギリスの消費財メーカーで海外への輸出を行っている企業などの利益が大幅に増加すると考えられたため、これらの銘柄が急上昇しましたが、SABミラー株は当初の買収予定額であった44ポンドが上限となり、株価の上昇は見られなかったという点です。

ABインベブによるSABミラー買収においては、SABミラーの2大株主であるアルトリア・グループ(Altria Group Inc.)と、ベブコ(Bevco Ltd.)の法人税を節税するため、現金による買収のほかにもう一つの案が用意されています。
この案では、5年間の株式保有を条件に株式交換と現金の組み合わせによる買収を行うものとなっています。
この案を利用する株主の受け取る現金は、引き上げ以前の1株当たり3.78ポンドから、4.66ポンドへと引き上げられており、総額で一株当たりおよそ51ポンドでの買収となります。これについてアバディーン・アセット・マネジメントは、2大株主にのみ有利な買収提案となっていると述べ、改善されない限りはSABミラー株を売却しない意向を示しています。

ABインベブは、今回の買収額引き上げが最終提案となると述べている一方、SABミラーはこの提案を取締役会で検討した後にコメントを発表すると述べています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アポロ・グループ   ブロードソフト   ライフポイント・ホスピタルズ   エヌビディアコーポレーション   ザイリンクス   ファイヤーアイ   バリック・ゴールド   バークシャー・ハサウェイ   OM Asset Management plc 5.125% Notes due 2031   3Dシステムズ   フェイスブック   アダムス・リソーシズ・エネルギー   エクセター・リソース・コーポレーション   ニューコア   アプライド・マテリアルズ   アリババ・グループ・ホールディング   Blackrock MuniHoldings Fund Inc.   USスチール   アマゾン.com   iShares Currency Hedged MSCI Switzerland   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

ブルーエナジー<BUD>
ファースト・カリフォルニア・フィナンシャル・グループ<FCAL>

リアルタイム・検索ランキング