アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(NASDAQ:AAPL)Apple Watch売上高55%減、サムスン(SSNLF)Gear市場シェア2倍増

日本時間: 2016年7月23日 23時33分 公開

インターナショナル・データ・コーポレーションの報告書は、スマートウォッチ市場は初めて前年比32%減少と述べました。その報告書によると、2016年第2四半期に160万台を出荷したことから、アップル(NASDAQ:AAPL)は、いまだにスマートウォッチ市場のリーダーであります。けれども、アップルはスマートウォッチ開発の上位5社の中で、唯一出荷台数が減少しました。

アップルのスマートウォッチ出荷台数は、2015年同期には360万台に対して、2016年は160万台であり、大幅に減少しました。出荷台数減少は、アップルの市場シェアが2015年の72%から、2016年は47%の低下に見られました。

アップルはまた、Apple Watchの価格を50ドルまでに削減したうえに、小売業者によっては顧客の誘い込みのために100ドルの値下げを提供しました。それでも、2016年秋リリースが予想されるApple Watch 2に関するうわさが表面化したように、第1世代Apple Watchの売上はかなり低下しました。

IDCのアナリストのJitesh Ubraniは、このように言いました。消費者は2016年序盤から、ハードウェア更新を見越して、スマートウォッチ購入をためらっています。そして、WatchOSの向上が2016年後半までに期待されてないことが、第1世代のApple Watch販売を失速させています。

その一方でサムスンは、アップルにより支配されているスマートウォッチ市場の中で、Gear S2スマートウォッチの売上業績がよく、市場では上昇中です。Gear S2のリリース以来、サムスンは市場シェアを倍増していますが、まだアップルのスマートウォッチ市場には追い付いていません。

アップルは、2016年秋に一緒にリリースがうわさされるiPhone 7と、Apple Watch 2との販売を改善したいと考えています。新型Apple Watchは、FaceTime通話やセルラー接続用カメラ機能と完全防水が期待されています。また、Apple Watchユーザーを悩ませた最大の問題点である、ウェアラブル技術のバッテリー寿命に対しては、改良バッテリーを機能に追加しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ネクター・セラピューティックス   First Cash Financial Services Inc.   ウィンズ・ファイナンス・ホールディングス   ウイングストップ   ウィンドストリーム・ホールディングス   ロクソ・オンコロジー   ムーディーズ   アルファベット   アルファベット   パロ・アルト・ネットワークス   テスラモーターズ   マスターカード   スフィア3D   キンロスゴールド   チャイナネット・オンライン・ホールディングス   ディレクション・デイリー・FTSE・中国・ベア・3×・シェアーズ   エアロセンチュリー   The Community Financial Corporation   テラス   ズーミーズ   アベリー・デニソン  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング