アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiOS9.3.3最新アップデートに見られる新しい点

日本時間: 2016年7月19日 21時45分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、2016年7月19日、iPhoneとiPad、iPod touchユーザー向け最新のiOS9更新プログラムをリリースしました。iOS9.3.3は、iOS9.3を2016年3月の初版リリース以降、3度目の更新であることを意味します。マック・ルーマーズによると、5月23日にiOS9.3.3が開発者向けにリリースされて以降、5回のベータ版をリリースしました。iOS9.3には、Touch ID・ノート・サポートやNight Shift、より個別化されたニュースアプリ、新型ヘルスアプリ、教育アプリ、CarPlayでの音楽アプリの改善といった、多数の機能があります。

けれども、iOS9.3.3はとくに新しく、注目すべき機能を有していませんし、アップルは修正・改良中でも機能するだろうと思っていました。アップルは、新規アップデートで新たなセキュリティ・ドキュメントを公開したけれども、変更ログで修正されたバグや問題を指定していませんでした。セキュリティ・ドキュメントでは、アップルがこれまでに作成した新規セキュリティ更新プログラムに焦点を当てています。

アップルはまた、アップル・サポートフォーラムで発見された、いくつかのバグを修正しました。たとえば、音楽アプリ・Beatsのロゴの代わりに空白が表示されるバグを削除しました。新規更新プログラムは、アップルコンフィギュレータが使用されていたときにファームウェアイメージが破損す問題を修正しました。ところが、新規アップデートを受信したユーザーによると、ブルートゥースとアップルミュージック、バッテリ寿命に関する問題があることが主張されています。

アップルは2016年後半に、iPhone7と一緒にiOS10をリリースする予定であり、デザイン変更されたロック画面と、Siriのためのサードパーティ・アプリケーション・サポートのような新機能が付属されていることが期待されています。QuickTypeキーボードには、新規に文脈応答オプションが付属することが予測され、写真アプリには新規の記録機能が付属するでしょう。アップルマップやアップルミュージック、iMessage、ニュースアプリもまた、デザインの変更があることが期待されています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

LRAD   ウィズダムツリー・インディア・アーニングス・ファンド   ショッピファイ   インテュイティヴ・サージカル   アルファベット   ゲイン・キャピタル・ホールディングス   アドバンスト・マイクロ・デバイセズ   ボーイング   Egalet Corporation   VelocityShares 3x Inverse Gold ETN   トルパニオン   Pimco New York Municipal Income Fund II of Beneficial Interest   ゾエティス   バンク・オブ・アメリカ   アマゾン.com   アバゴ・テクノロジーズ   WisdomTree U.S. SmallCap Quality Dividend Growth Fund   バンガード・トータル・ストック・マーケットETF   ジョンソン・エンド・ジョンソン   サービスナウ   バルカン・マテリアルズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング