アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ・グループ・ホールディング、仮想現実世界への準備完了

日本時間: 2016年7月15日 0時0分 公開

アリババ・グループ・ホールディングス(NYSE:BABA)は、仮想現実(VR)分野での頭角を現すでしょう。その電子商取引の巨人は、7月下旬までに最初のオンラインVRデモショップを開始します。この新興分野市場への参入方法が、その他主流と異なる点があります。この点において、VR技術を介して顧客と相互交流するように、VRはオンラインショッピングと提携できるでしょう。

アリババ・グループは、新興分野に多くの投資を注ぎ、3月にはGnome Magicと呼ばれる最初の社内VRラボを発表しました。このラボの背後にある考え方は、VR技術を介した買い物が可能な3D仮想倉庫を作り出すことでした。アリババは、ワイヤレス・建築部門が新規研究室を率いながらも、ワールド・オブ・ワークラフと出身の発明キャラクターと協同しました。

VRのショッピング体験への働きかけ方は、とても興味深いです。コンシェルジュのように店内案内の役割を果たすロボット助手に案内されながら、顧客は仮想店舗内を移動するためのVRヘッドセットを使用できます。データベースには、顧客の買い物傾向と過去の買い物履歴が格納され、それにより顧客へその好みのものを提供できます。

VR技術は、中国国内の2016年第1四半期において、実によく進歩しており、その新興分野への投資は11億ドル以上でした。アリババは、30万台以上のVRヘッドセットを販売し、VRでのオプションを持つための商売人向けガイドラインの初公開を期待されています。また、中国の電子商と売り比機の巨人は、VRベース・エコシステムを開発しようとしており、いくつかのVRスタートアップ企画を推進してきました。

このような発展とともに、ジャック・マーの見通しとは異なり、アリババは間違いなく、電子商取引業界内での前例のない一企業となることができるでしょう。VRと電子商取引を提携させることは、今後に向けた卓越な手腕があることを証明できます。しかしながら、電子商取引の巨人にとって、関連コストは挑戦的なものでしょう。実物を3Dに変換するコストは50ドルに対して、アリババは1商品につき1ドル下げようと望んでいます。

コンセンサスTPが94.54ドルであるように、電子商取引小売業者に対してのスタンスは強気のままです。最近の進展は、投資家心理に追加できるかどうかというところです。アリババ・グループ・ホールディングスの株式は、1.43%減であり、昨日の取引では80.57ドルでした。けれども、事前市場活動は以前の勢いを取り戻していることを示唆しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

シグナ   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   アルファベット   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   EGShares China Infrastructure ETF   Life Partners Holdings Inc   ペイパルホール・ディングス   レンテック   アリババ・グループ・ホールディング   アルファベット   ウィスダム・ツリー・ミッドキャップ・ディビデンド・ファンド   ツイッター   テスラモーターズ   Calamos Global Dynamic Income Fund   ゴーゴー   インテル   シェイク・シャック   プロシェアーズ・ウルトラ・MSCI・ジャパン   コーチ   First Trust Low Beta Income ETF   チャーター・コミュニケーションズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング

マーケット平均

ダウ工業平均

ナスダック平均

対ドル為替

対ドルチャート