アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル(AAPL)、公式発表の数か月前にiOS 10・MacOS Sierraベータ版を公開

日本時間: 2016年7月8日 23時26分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)は、先月のWWDCでiOS 10・MacOS Sieraを発表したものの、どちらのオペレーティングシステムの正式版も、2016年後半までの開始までには至っていないとしました。両方のオペレーティングシステムで稼働するアプリケーションで作業開始するための十分な時間を開発者に与えるために、アップルはiOS 10・MacOS Sieraのベータ版をたしかに約束しました。ユーザーは有効なApple IDを使用して、アップルが公式に提供するベータプログラムを利用できます。ここでは、The Country CallerのiOS 10・MacOS Sieraのベータ版使用体験談をお伝えします。

ついに、アップルがこれまでに取り組んできたオペレーティングシステムを試せる機会がやって来ました。アップルの公式ベータサイトにて、有効なApple IDでのサインアップ後、ベータ版オペレーティングシステムを試用したいデバイスを登録します。いったんサイトを離れると、メールの配信があります。そのメールに掲載されたリンク先をクリックし、iOS 10・MacOS Sieraのベータ版オペレーティングシステムをダウンロードします。iOS 10・MacOS Sieraベータ版オペレーティングシステムの試用は、ユーザーにとって安全だけでなく、費用は一切かかりません。

OSベータ版インストールに必要な全手順を完了すると、さまざまな微調整と更新が行われます。改善点の一つとして、ベータ版iOS 10には、デジタルステッカーやその他機能をサポートする自己消滅メッセージを特徴とした刷新版iMessageが挙げられます。そして、iOS 10には、iOS前バージョンであった悪質なハッキング脅威を最小限に抑えるための、セキュリティ改善があります。さらに、iOS 10・MacOS Sieraには、MacとiOS 10デバイス間でのコンテンツのコピー・貼り付け機能があります。これらの広大な改善からして、アップルがiOS 10を最大なるアップグレードと呼ぶ疑問はほとんどありません。

しかしながら、iOS 10・MacOS Sieraベータ版オペレーティングシステム試用はユーザーの自由によりますが、これらOSはまだ発展の初期段階にあることに注意しておきたいところです。公式リリースに向けての確定段階での最新オペレーティングシステムの試用により、ユーザーは不要なクラッシュや、些末な問題を経験するかもしれません。そのため、よりスムーズは運用を望むのであれば、iOS 10・MacOS Sieraの公式リリースをしばらくの間、待っているほうがより賢明かもしれません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   ビアビ・ソリューションズ   ペングロース・エナジー   Steven Madden Ltd.   エヌビディアコーポレーション   Nuveen Municipal Opportunity Common   Guggenheim Strategic Opportunities Fund of Beneficial Interest   UBS AG Exchange Traded Access Securities   MICROS Systems, Inc.   エンテラス・メディカル   エンタープライズ・ファイナンシャル・サービシズ   ビザ   Global X China Industrials   アイデラ・ファーマシューティカルズ   iシェアーズ・ゴールド・トラスト   コンパニア・エネジェティカ・デ・ミナス・ジェライス・セミグ   コリウム・インターナショナル   リバティ・グローバル   First Trust Strategic High Income Fund II of Beneficial Interest   マーケット・ベクトル・イマージング・マーケット・ハイ・イールド・ボンドETF   プレミア・グローバル・サービス  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング