アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

シェブロンとエクソン・モービル、テンギス油田でプロジェクト拡大に368億ドルの投資

日本時間: 2016年7月6日 0時0分 公開

シェブロン・コーポレーション(Chevron Corporation)と、エクソン・モービル・コーポレーション(Exxon Mobil Corporation)及びその他のパートナー企業は火曜日に、カザフスタンのテンギス油田におけるプロジェクトの拡大に368億ドルの投資を行うことを決定しました。
プロジェクトの拡大によって、現在1日80万バレルの生産を行っているこの油田において、2022年までに1日100万バレルの生産が計画されています。

この投資は、2年前に原油価格が急落して以来、最大規模の投資の一つで、石油業界における100億ドルを超える投資は今年に入って初めてとなります。
テンギス油田におけるプロジェクトには、シェブロンとエクソン・モービルの他に、カザフスタンの国営企業カズムナイガス(KazMunayGas)や、ロシア最大の石油会社ルクオイル(Lukoil)も参加しています。
石油価格下落に伴って、現在石油業界における投資が減少しているため、石油関連のポンプやバルブ、掘削リグなどの価格や、建設、エンジニアリングサービスの価格、人件費などが軒並み低下しています。
さらに、鉄鋼などのコモディティ価格も下落していることから、生産設備建設にかかるコストは大幅に低下しており、今回のテンギス油田における投資は、その恩恵を受けることとなります。

テンギス油田における過去5年の平均生産コストは、1バレル当たりおよそ6ドル50セントとなっており、世界的にみても収益性が最も高い油田のひとつです。
一部のアナリストによると、シェブロンは1993年にテンギス油田に参入して以来、この油田から700億ドル以上の売上と、400億ドル以上の利益を得ているとされています。

石油・ガス業界においては、原油価格の下落によって2700億ドル以上もの投資が先送りされ続けています。しかしながら、2016年の予想平均価格が1バレル44ドルであるブレント原油の価格が、2017年に1バレル57ドルまで上昇すると予測されていることから、石油・ガス業界において先送りされていた投資が再開し始めています。
先週、イギリスの石油会社BP plcは、インドネシアのタングープロジェクトにおいて、天然ガスを液化するための設備及び関連インフラの新設に80億ドルの投資を行うと発表しました。
また、今年の初めにはイタリアの石油会社エニ(Eni S.p.A.)が、エジプトにおいて初期投資額が40億ドルとなる、洋上ガス田の開発について認可を受けています。
一方で、英国のEU離脱が原油の需要に与える影響についての懸念も浮上しており、不確実性はいまだ高いものとなっています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

インシス・セラピューティクス   インターナショナル・ゲーム・テクノロジー   ファースト・トラスト/アバディーン・グローバル・オポチュニティ・インカム・ファンド   ニューモント・マイニング   LMFAU   モルンビー・リソーシズ   iシェアーズ・MSCI・サウジ・アラビア・キャップドETF   アリババ・グループ・ホールディング   ジオスペース・テクノロジーズ   エヌビディアコーポレーション   バンガード・コンシューマー・ステープルズETF   イミューン・ファーマシューティカルズ   セルジーン   CSR Plc   ゴー・プロ   ブルーロック・レジデンシャル・グロースREIT   グローバル・セルフ・ストレージ   Columbia Sustainable International Equity Income   UBS AG Exchange Traded Access Securities   BioLife Solutions Inc.   Concurrent Computer Corporation  

このニュースの関連企業・銘柄

エニ<E>
ビーピー<BP>
エクソンモービル<XOM>
シェブロン<CVX>

リアルタイム・検索ランキング