アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

フェイスブック傘下インスタグラム、月間アクティブユーザー5億人を達成

日本時間: 2016年6月22日 1時30分 公開

フェイスブック(Facebook, Inc.)の運営する画像共有アプリケーションのインスタグラム(Instagram)は6月21日に、月間アクティブユーザー数が5億人に達したことを発表しました。
また、インスタグラムのユーザーのうち、3億人は毎日インスタグラムを利用しており、月間アクティブユーザーの60%が毎日利用しているといった、親会社の運営するフェイスブックに並ぶ高い利用率となっています。
さらに、ユーザーの80%以上が米国以外の居住者であり、グローバルな拡大を見せていることを発表しています。

インスタグラムの月間アクティブユーザー数は、2012年時点ではわずか3000万人で、2014年には2億人となりました。しかしながら、2014年時点ではツイッター(Twitter, Inc)の月間アクティブユーザー数を下回っていました。
インスタグラムは2014年12月以降に急成長を遂げ、2015年9月には月間アクティブユーザー数4億人を突破し、現在に至っています。
現在では、ツイッターの月間アクティブユーザー約3億1000万人をはるかに上回るものとなり、その差はますます拡大するものと推測されています。
また、親会社フェイスブックの運営するSNS、フェイスブックの月間アクティブユーザーは15億9000万人、また、フェイスブックの運営するコミュニケーションアプリのワッツアップ(WhatsApp)とメッセンジャー(Messenger)は、それぞれ10億人、8億人の月間アクティブユーザーを抱えています。

フェイスブックがインスタグラムを買収したのは2012年で、当時3000万人のユーザーを抱えるに過ぎないインスタグラムを10億ドルで買収したことに対し、当時メディアの批判を受けていました。
しかしながら、現在に至るまでのインスタグラムの成長を考えると、インスタグラムはフェイスブックにとってお買い得なサービスであったと考えられます。

フェイスブックの年間売上高は現在198億ドルで、純利益は47億ドルとなっています。インスタグラム単体での収益に関しては明らかとされていないものの、マネジメント層の発言では、インスタグラムによる収益への貢献があったことが示唆されています。
ユーザー数増加の著しいインスタグラムは、広告主の注目も大きく、今後さらなる収益への貢献が期待されます。

SNSにとってユーザー数の成長及び持続性は重要な指標となっており、フェイスブックのライバルであるツイッターは、ユーザー数の成長が減速したことによって過去1年間で株価は55%低下し、ツイッターの新規上場時の株価を下回っています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   メドウブルック・インシュアランス・グループ   スウィフト・トランスポーテーション   ノバテルワイヤレス   YPF   ブルックフィールド・アセット・マネジメント   ミドルバイ   チャイナ・モバイル・ゲームス・アンド・エンターテイメント   キャピトル・フェデラル・ファイナンシャル   ニュースキン   メタ・フィナンシャル・グループ   iシェアーズ・MSCI・EAFE・グロースETF   マイクロネット・エナーテック・テクノロジーズ   USG   ヴェオリア・エンバイロメント   マッコーリー・インフラストラクチャー   シュティーフェル・ファイナンシャル   マグロー・ヒル・ファイナンシャル   トタル   メイデン・ホールディングス   WisdomTree U.S. Quality Dividend Growth Fund  

このニュースの関連企業・銘柄

ツイッター<TWTR>
フェイスブック<FB>

リアルタイム・検索ランキング