アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン対ネットフリックス:どちらが最良の選択となるか

日本時間: 2016年4月25日 15時22分 公開

ネットフリックス(NASDAQ:NFLX)は、ストリーミング業界でトップの地位を保持しています。
けれども、月間アマゾンプライムの導入によりネットフリックスの毎月購読料の増加と相まったことで、最良の選択肢はどちらになるのでしょうか。

先週、アマゾン(NASDAQ:AMZN)がネットフリックスよりも1ドル安いストリーミングサービスの提供を発表したため、ネットフリックスの株価は急落しました。
ストリーミングサービスにおける競争は僅差であり、提供するユーザーにとって最良の選択に落ち着くことを困難にさせるコンテンツ量に関して、口の堅い状況となっています。

CNBCのマーク・フェイヒーは、アマゾンとネットフリックスのストリーミングビデオの質・量の比較で、疑問を解決しようとしました。
その結果、多くは直感に反しますが、いくつか注目すべき洞察が得られました。

アマゾンプライムストリーミングは、ネットフリックスより多くのタイトル数を提供、ほとんどの動画はアマゾンのユーザーから高評価を得ています。
アマゾンが提供する900以上のタイトルは、ネットフリックスのショート・タイトル30件に比べ、10分未満の長さです。
また、アマゾンの提供するタイトルの多くが、狭い魅力を得る可能性が高いです。

アマゾンでの評価の多くは1件のユーザーレビューしか付いていないことを指摘しました。
そのことにより、ネットフリックスユーザーよりもアマゾンのほうが動画に高評価を与えました。

けれども、アマゾンはユーザーをよく見せ掛けていることを意図するのでしょうか。
ネットフリックスとアマゾンのコンテンツの比較がいかに困難であるかが示されます。
さらに、アマゾンプライム会員はビデオと音楽、送料無料がバンドル化されていることを念頭に置いても、困難な決定を複雑にします。

比較上の複雑さは、ネットフリックスによるブランド構築戦略を作ります。
また、なぜ『トランスペアレント』と『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のような動画を提供するアマゾンが同じコースで試みているのかも説明しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アマゾン.com   コーニング   アップル   ツイッター   iシェアーズ・S&P・グローバル・エネルギー・セクター・インデックス・ファンド   Third Point Reinsurance Ltd.   ビタミン・ショップ   マイクロソフト   ASMLホールディング   フィニサー・コーポレーション   ヤヌス・キャピタル・グループ   バンコ・ブラデスコ   スプリント・ネクステル   CFインダストリーズ・ホールディングス   iPath Short Enhanced MSCI Emerging Markets Index ETN   ビザ   エヌビディアコーポレーション   AESコーポレーション   ファウンデーション・メディシン   インテュイティヴ・サージカル   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>
ネットフリックス<NFLX>

リアルタイム・検索ランキング