アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップル、iPhoneに総ガラス筐体導入の噂

日本時間: 2016年4月18日 18時39分 公開

KGIのミンチー・クオによると、アップル(NASDAQ:AAPL)はアルミ筐体の使用を停止し、総ガラスカバーに仕様変更することを計画しています。

また、クオ氏は今後のiPhoneには湾曲有機発光ダイオードディスプレイの導入が予定されていると主張します。
これらの変更は、今年発売されるiPhone 7にはガラスシャーシが備わっていないので、2017年の次世代iPhoneに含まれるでしょう。

アップルと競合する他の携帯電話メーカーは、金属筐体を採用しています。
アップルが独自路線を維持したままスタイルを刷新する行動は、会社側には良い動向であり、顧客に何か新しい、わくわくしたものを提供します。

アナリストは、アップルのガラスケース採用の計画方法の詳細は明らかにしていません。
iPhone4とiPhone4Sは前面・背面ガラスを特色にしていましたが、落としたときに簡単に割れるという問題がありました。
総ガラスケースのiPhoneの噂は、携帯電話筐体の製作計画方法に関する多くの問題を提起しました。

クオ氏によると、アップルは過去数年間にわたり、ガラス技術の強化の努力に取り組んでいます。
また、湾曲有機発光ダイオードディスプレイの計画強調に向けて、アップルは有機発光ダイオードパネル供給のため、サムスンとの契約を結びました。
クオ氏はアナリストとしての評判は高く、その情報が正当なものである可能性が高いです。
以前、iPad Proと12インチMacBookの噂は正しかったです。
けれども、アップルは今回の問題についてのコメントを出していません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

iPath Long Enhanced MSCI EAFE Index ETN   Chanticleer Holdings Inc. Warrants   アマゾン.com   MFS Investment Grade Municipal Trust   Central Valley Community Bancorp   iShares MSCI Emerging Markets Value Index Fund   ゴールドマン・サックス   USスチール   バンジ・リミテッド   WBI Tactical SMS Shares   アメリカンキャンパスコミュニティ   Gladstone Commercial Corporation 7.75% Series A Cumulative Redeemable Preferred Stock   エヌビディアコーポレーション   ASMLホールディング   パロ・アルト・ネットワークス   Briggs & Stratton Corporation   ボーイング   キャップストーン・タービン   ハリバートン   アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド   アンバレラ  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>