アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

レイセオン、国防省より電波妨害装置に関するおよそ10億ドルの契約を獲得

日本時間: 2016年4月14日 10時52分 公開

米軍需製品メーカー大手のレイセオン・カンパニー(Raytheon Company)は、次世代電波妨害装置の設計、製造、テスト、デモンストレーションを行うための費用やインセンティブを含む10億1000万ドルの契約を米国防省から獲得しました。

次世代電波妨害装置は、現在40年以上運用されているALQ-99戦術電波妨害装置に代わるものとして開発され、米海軍の電子戦機EA-18Gへ搭載される予定です。

今回の契約には、電波妨害装置を搭載するポッドの開発も含まれており、ポッドの飛行性能への影響や、航空機からの切り離しの安全性などについてもテストされることとなっており、高度な技術や製造能力が求められます。研究開発は、カリフォルニア州のエル・セグンドーで行われることとなっています。

レイセオン株は4月13日の取引を、前日比0.5ドル(0.40%)安い125.54ドルで終了し、出来高は129万株となっています。また、レイセオン株は2015年9月8日以来17.83%上昇しており、S&P500採用銘柄の平均10.52%の上昇を上回っています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ベイル・リゾーツ   ベイテックス・エナジー   ベイジーン   ピッツニー・ボウズ   プレスティージ・ブランズ・ホールディングス   PBF・エナジー   パワーシェアーズ・ダイナミック・バイオテクノロジー・ゲノム・ポートフォリオ   ウィン・リゾート   インターナショナル・スピードウェイ   バイオアナリティカル・システムズ   プーマ・バイオテクノロジー   プロヴィデント・フィナンシャル・ホールディングス   プロヴィデント・ファイナンシャル・サービス   プロロジス   プロフェッショナル・ダイバーシティ・ネットワーク   メディシノバ   NGL・エナジー・パートナーズ   PowerShares DWA Tactical Sector Rotation Portfolio   アマゾン.com   ピープルズ・ユナイテッド・ファイナンシャル   ペンビーナ・パイプライン  

このニュースの関連企業・銘柄

レイセオン<RTN>

リアルタイム・検索ランキング