アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アリババ・グループ・ホールディング、国際反模倣委員会に加入

日本時間: 2016年4月13日 23時37分 公開

アリババは、偽造品プラットフォームのイメージを払しょくするための一層の努力として、電子商取引企業として初めて反偽造品国際非営利団体である国際反模倣委員会(IACC)に参加します。

取締努力にもかかわらず、アリババのタオバオとTmallには偽造品が流通し、昨年には元アップルのサイバー犯罪・偽造研究者マシュー・バシアーを、偽造防止取り組みの監督者として迎え入れました。
IACCには、アップルやロレックス、ナイキ、バーバリーなど約250の会員がいます。

バシアーは声明で、偽造は世界的・業界全体の課題であると述べ、小売業者とブランド、政府、業界団体との効果的協同が必要であると考えています。
アメリカ・中国の規制当局は、アリババの取り組みの監視を継続し、12月にアリババはアメリカ政府の「ノトーリアス・マーケッツ・リスト」掲載からかろうじて免れました。

アリババは2013年以来、偽造リスト特定・削除のためにマーケットセーフ・プログラムを通じてIACCと協力してきました。
プログラムは、5000件の販売者の永久追放と16万件以上の偽造品リスト削除を支援してきました。

アリババは、偽造品監視のための2000人以上のフルタイム従業員を擁しています。
昨年、フランスの高級品ブランドであるケリングは、アリババを「偽造品販売を推奨し、利益を得ている」として訴えていました。
今週初め、アリバハは10億ドルで東南アジアの電子商取引企業Lazadaを取得しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ハーディング   エレクトロニック・アーツ   イルミナ   エア・トランスポート・サービシズ・グループ   ハルコン・リソーシズ   A.H.ベロ   BlackRock New York Municipal Income Trust II   ファームアテネ   リバティ・グローバル・ライラックA   ボーイング   アルファベット   ウィズダムツリー・欧州小型株配当ファンド   ラクレード・グループ   ライアーソン・ホールディング   アトッサ・ジェネティクス   エナジー・セレクト・セクター・SPDR   カイト・リアルティ・グループ・トラスト   SKテレコム   CA, Inc.   Center Coast MLP & Infrastructure Fund of Beneficial Interest   シリコン・グラフィックス・インターナショナル  

このニュースの関連企業・銘柄

アリババ・グループ・ホールディング<BABA>

リアルタイム・検索ランキング