アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾン、事業拡大のため人員、ロボットともに増強

日本時間: 2016年4月10日 5時48分 公開

アマゾン(Amazon.com Inc.)は2015年時点で220万人の労働者を雇用しており、米国のフォーチュン500企業の中でウォルマート(Wal-Mart Stores Inc.)に次いで2番目に多い労働者を雇用していると推測されています。
また、アマゾンは米国内の物流施設全体で合計30000のロボットを稼働させています。

ワシントン州デュポンに位置するアマゾンの物流施設では、数千ものロボットが作業を行っているなど、SF映画のような光景が広がっており、さらに、2012年にアマゾンは物流ロボットを開発している企業を買収し、ロボットの開発に注力するなどロボットによって人間の雇用が減少していくとの推測も一部にはあります。

しかしながら、ロボットにとって複雑な作業や、細かい作業などには人間の手が必要となっており、実際アマゾンでもロボットの数の8倍に上る人員を雇用しています。
アマゾンが事業を拡大する一方で、ニューヨーク・タイムズ紙による調査では、アマゾンでは同僚や上司によって厳しい評価を付けられた労働者を、容赦なく解雇するなどといった文化があるとして報じられるなど、様々な批判も存在しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Altair Nanotechnologies Inc   チャイナ・レンディング   Qihoo 360   アルファベット   アドバンスト・マイクロ・デバイセズ   エヌビディアコーポレーション   KBR   RiverFront Dynamic US Dividend Advantage   ロイズTSBグループ   FlexShares STOXX Global ESG Impact Index Fund   フェラーリ   Mastech Holdings Inc   Stag Industrial Inc. Cum Pfd Ser B   ブラックロック・ミュニイールド・クオリティ・ファンドIII   iシェアーズ・US・ブローカー・ディーラーETF   フェイスブック   コミュニティワン・バンコープ   コムテック・テレコミュニケーション   エーイーコム・テクノロジー   PowerShares DB Optimum Yield Diversified Commodity Strategy Portfolio   Andina Acquisition Corp. II Warrant  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング