アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ジョンソン・エンド・ジョンソン、セントルイスで新たな卵巣癌被害の訴訟に直面

日本時間: 2016年4月7日 12時33分 公開

2か月前にアラバマ州の家族へ7200万ドルの賠償金支払いを命じられたジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)は、ベビーパウダーによって卵巣癌となったとする女性による新たな訴訟による裁判を受けることとなります。

4月11日の裁判で原告となるのは、40年以上にわたりジョンソン・エンド・ジョンソンのベビーパウダーを使用し続け、2011年に卵巣癌と診断された女性と、2013年にステージ3の卵巣癌と診断された40歳の女性で、こちらはジョンソン・エンド・ジョンソンのベビーパウダーのマーケティングにおけるメインターゲットである黒人女性となっています。

ベビーパウダーの使用と卵巣癌の相関に関する研究は、1982年にブリガム&ウィメンズ・ホスピタル(Brigham & Women’s Hospital)の疫学者ダニエル・グラマーによって初めて行われ、それ以降の研究によって、女性の陰部へのベビーパウダーの使用は卵巣癌リスクが33%高くなることが発見されました。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ベビーパウダーの安全性はこれまで蓄積された研究によって裏付けられていると主張しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ワンオク   インテル   シエナ   ビザ   イェルプ   スクエア   ウォルト・ディズニー   iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF   トランスエンテリックス   STマイクロエレクトロニクス   アングロアメリカン   アマゾン.com   ペイパルホール・ディングス   アルファベット   バンジ・リミテッド   メディシノバ   アドバンスト・マイクロ・デバイセズ   パーティシティ   アドビシステムズ   ツイッター   Veracyte Inc.  

このニュースの関連企業・銘柄

ジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ>

リアルタイム・検索ランキング