アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

IBM、脳をモデルとしたスーパーコンピューターを開発

日本時間: 2016年4月5日 17時15分 公開

米エネルギー省のローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory(LLNL))は、IBM(International Business Machines Corp)の開発した、脳をモデルとしたスーパーコンピューティングプラットフォームを購入しました。

国防総省などの資金によりIBMの開発したトゥルーノース(TrueNorth)という名称のチップは、タブレットパソコン程の消費電力で1600万のニューロンと40億のシナプスと同等の処理能力を有しているとされています。この、脳の神経系をモデルとして設計されたネットワークであるニューロモーフィック(Neuromorphic)は、パターン認識などの複雑な認知タスクを従来のチップよりはるかに効率的に行うことが可能となっています。

LLNLでは、トゥルーノースをサイバーセキュリティーや核兵器の管理などに用いるとしています。
脳をモデルとして設計されたトゥルーノースは人工知能技術に適しており、機械学習アルゴリズムの性能向上などといった効果が期待されます。

また、現在アルファベット(Alphabet Inc)やクアルコム(Qualcomm)、マイクロソフト(Microsoft Corporation)などが機械学習技術における研究開発に注力しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

メディシノバ   デルタ航空   ギリアドサイエンシズ   PIMCO Build America Bond ETF   ゼネラル・ダイナミクス   ヴァーレ   アフラック   3Dシステムズ   USシリカ・ホールディングス   アルファベット   ProShares Ultra MSCI EAFE   アメリカン・ナショナル・インシュアランス   Emerald Oil Inc   フリーポート・マクモラン   アカディア・ヘルスケア   ASMLホールディング   トランスオーシャン   マイクロン・テクノロジー   エボレント・ヘルス   アルベマール・コーポレーション   ブリンク・カンパニー  

このニュースの関連企業・銘柄

アイ・ビー・エム<IBM>
クアルコム<QCOM>
マイクロソフト<MSFT>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング