アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

あまり注目されないアップルiPad Proの重要なアップデート1点

日本時間: 2016年4月3日 7時52分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)の新型iPhone SEはメディア報道で大きく注目されました。
けれども、iPadもまた今後のアップル製品の技術転換、および波及効果を示す可能性を持っています。

SIMカードはすべての携帯デバイスとキャリア間の重要な橋渡しであり、消費者と事業者間の接続ポイントとして機能します。
セルラー対応のiPad Proには、新型のアップルブランドの埋込SIMカードが含まれています。

Wi-Fiおよびセルラー対応のiPad Air 2にはアップル生産のSIMカードを付属させましたが、ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE:VZ)のような一部キャリアの使用のために、アップルのSIMカードを除去してもよいという許可を出しました。

その前身とは異なり、新型iPad ProにはアップルのSIMカードが完全に組み込まれた他に、任意電気通信プロバイダのSIMカードのためのスロットが装備されています。
このことは、ロック解除のデバイスとしてセルラー対応のiPadでの使用が可能となります。

2014年終盤には57%のアメリカのモバイルデバイスが無線通信事業者ストアで購入されていることから、無線通信業者が市場支配に影響を及ぼすという重要な役割、および消費者にも重要な役割を持っています。

流通チャネルの主要部分の制御は、AT&Tやベライゾンのような事業者が独自のロック済SIMカード付属のiPhoneとiPadの販売を可能にします。
けれども、業界ではロック解除スマートフォンやセルラー対応タブレットへの傾向になりつつあります。
業界全体、およびアップルのiPad Proでの動向は、さらにロック解除デバイス促進にとなるかもしれません。
そして、このことはたしかに全体的な戦略の一環として、消費者には有利であると言えます。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

米国マーケット・ニュートラル・モメンタム・ファンド   E.W.スクリップス・カンパニー   SPDR・バークレイズ・ショート・ターム・トレジャリーETF   プライ・ジェム・ホールディングス   捜狐   ジューラ   プロシェアーズ・ウルトラ・S&P500   デル   DHXメディア   iシェアーズ・FTSE・EPRA・NAREIT 先進国(米国以外)不動産インデックス・ファンド   プロスペリティ・バンクシェアーズ   FactorShares Trust PureFunds Drone Economy Strategy   ボブ・エヴァンス・ファームズ   トリニティ・インダストリーズ   デルタ・ガリル・インダストリーズ   ディックス・スポーティング・グッズ   ブルックフィールド・リニューアブル・パートナーズ   AXT   ブラックロック・ニューヨーク・インシュアード・ミュニシパル・インカム・トラスト   ブラックロック・ストラテジック・ミュニシパル・トラスト   バイオータ・ファーマシューティカルズ  

このニュースの関連企業・銘柄

ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ>
アップル<AAPL>