アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アラスカ航空、ジェットブルー航空の2社がヴァージン・アメリカ買収に意欲

日本時間: 2016年3月29日 9時39分 公開

米国及びメキシコの航路を運航するヴァージン・アメリカ(Virgin America)は現在、ジェットブルー・エアウェイズ(JetBlue Airways Corp.)及びアラスカエアー・グループ(AlaskaAir Group Inc.)との間で売却交渉を行っています。

ジェットブルー航空とアラスカ航空どちらの航空会社が買収を行うかなどはまだ確定しておらず、また、ヴァージン・アメリカは交渉を破棄することも可能となっています。

先週、ブルームバーグによってヴァージン・アメリカの売却に向けた動きが報じられて以来、ヴァージン・アメリカの株価はおよそ10%上昇し、時価総額は130億ドルとなっています。また、アラスカ航空の株価は1.1%上昇し81.49ドル、ジェットブルーの株価は2.7%上昇して20.79ドルとなっています。

ジェットブルーが買収に成功した場合、ジェットブルーは米国西海岸におけるプレゼンスを強化することとなるほか、東海岸との大陸横断航路における競争を優位なものとすることができます。

また、アラスカ航空が買収に成功した場合は、アラスカ航空は西海岸での競争を優位なものとすることが可能であるほか、メキシコ航路が拡大されることとなります。

コーウェン・アンド・カンパニー(Cowen & Co.)のアナリストベッカー氏は、ジェットブルーによる買収が航空機やネットワークなどの観点から最も合理的であると分析しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ザ・スペクトラネティクス・コーポレーション   スカイワークス・ソリューションズ   フィリップス66・コモン・ストック   Teekay Offshore Partners L.P. 8.50% Series B Cumulative Redeemable Preferred Units representing limited partner interests   デルタ・ガリル・インダストリーズ   アルファベット   アダプティミューン・セラピューティックス   フロンテオ   WisdomTree U.S. SmallCap Quality Dividend Growth Fund   ベリサイン   John Hancock Multifactor Mid Cap   アレゲニー・テクノロジーズ   パラナエンス・デ・エネルギア   コーエン&スティアーズ・グローバル・リアルティ・メジャーズ・ETF   ティアラボ   ロッキード・マーティン   ウェイト・ウォッチャーズ・インターナショナル   トランスオーシャン   ニュー・レリック   Guggenheim BulletShares 2015 Corp Bond   Daegis Inc  

このニュースの関連企業・銘柄

ファースト・カリフォルニア・フィナンシャル・グループ<FCAL>
アラスカ航空グループ<ALK>
ヴァージン・アメリカ<VA>
ジェットブルー航空<JBLU>

リアルタイム・検索ランキング