アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

なぜA10Xがアップルの最初の10ナノメーターチップになるのだろうか

日本時間: 2016年3月28日 2時26分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)の新型iPad発表が秋になることははっきりとしています。
昨年末に発表された12.9インチiPad Proはその反例と思われますが、実際にA8Xを搭載した形で2015年春に発売することになりました。

アップルはこの秋に新しく大型iPadのリリースを省略し、2017年春に大型・小型両方のProシリーズを更新すると予想されます。
そして、A10Xと呼ばれる可能性が高いチップが、タイワン・セミコンダクターズ(NYSE:TSM )製造の10ナノメートル製造技術を用いて作られる、iDeviceメーカー最初のチップとなることも予想されます。

すべてのA9Xチップは、タイワン・セミコンダクターズの16ナノメートルFinFET+製造プロセスに基づいて構築されています。
A9Xチップはかなり大きく、スリムな9.7インチのiPad Proの内部に搭載することはできませんでした。
アップルはおそらく、16ナノメートルFinFET+にチップとは別のものを製造することはできますが、タイワン・セミコンダクターズは2016年後半から2017年前半に10ナノメートルチップの製造技術の生産を始めるだろうと述べています。

アップルの次世代iPadのプロセッサにとって、10ナノメートル技術の上に構築されることがより多くの理に適っています。
タイワン・セミコンダクターズは、10ナノメートル技術は16ナノメートルFinFET+よりも高性能・低電力であると主張します。
10ナノメートルを使用して、アップルのA10Xはグラフィックス・コア数の増加と、CPU性能の大幅な向上を実現しました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

リネッサンスリ・ホールディングス   ウェスタン・アセット・グローバルコーポレート・デファインド・オポチュニティ・ファンド   アマゾン.com   スパルタン・モーターズ   エリントン・ファイナンシャルLLC   JPモルガン・チェース   ビーミス・カンパニー   ファースト・トラスト・スモール・キャップ・バリュー・アルファデックス・ファンド   プロシェアーズ・ウルトラ・リアル・エステート   パフューマニア・ホールディングス   アンバレラ   バレロ・エナジー   サーモン・グループ・ホールディングス   リアルD   スナップオン   HopFed Bancorp Inc.   PPL   エボルビング・システムズ   エクスペディア   タイドウォーター   ピュアファンズISEサイバー・セキュリティETF  

このニュースの関連企業・銘柄

パートナー・コミュニケーションズ・カンパニー<PTNR>
アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング