アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

マイクロソフト、人工知能の偏見、差別的発言について謝罪

日本時間: 2016年3月26日 23時26分 公開

マイクロソフト・コーポレーション(Microsoft Corporation)は、人工知能のチャットボット、テイ(Tay)が差別的な発言などを行ったことについて謝罪しました。また、人工知能の発言について、マイクロソフトの意見を示すものではないと述べています。

人工知能テイは、インターネットや、多くのインターネットユーザーとのメッセージ交換を通じて学習するよう設計されていました。しかしながら、これはユーザーが意図的に偏見や差別的な事柄を人工知能に学習させることができるものとなっており、マイクロソフトは人工知能の運用を停止する以外にこれを止めることができませんでした。

マイクロソフトは、この失敗はさらなる改善のための機会であると述べています。マイクロソフトのエンジニアは現在、人工知能が差別や偏見などに影響を受けないよう改善を加えているところです。

今回の件を受けスティーヴン・ホーキング氏など著名な科学者は、人工知能の実用に関して懸念を表しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   ハチソン・チャイナ・メディテック   ブラック・ナイト・ファイナンシャル・サービス   ファースト・トラスト・DJ・ストックス・セレクト・ディビデンド・30・インデックス・ファンド   Banc of California Inc. Depositary Shares   バンク・オブ・サウスカロライナ   iCAD   オーウェンズ・イリノイ   フェラーリ   エリクソン   ロッキード・マーティン   アンバー・ロード   Victory CEMP Emerging Market Volatility Wtd Index ETF   MIND C.T.I. Ltd.   リマークス・メディア   CTCメディア   コムテック・テレコミュニケーション   カルプ   イルミナ   パーカー・ハネフィン   サンエジソンセミコンダクター  

このニュースの関連企業・銘柄

マイクロソフト<MSFT>

リアルタイム・検索ランキング