アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルiPhone 7の潜在的ストレージオプション

日本時間: 2016年3月27日 0時33分 公開

顧客間で噂されるiPhoneの基本ストレージ・モデルは、iPhone平均販売価格における顕著な増加に貢献するアップルの販売力向上戦略です。
iPhone 7は16/64/128GBのストレージ構成ですが、iPhone 7 PlusとiPad Proは少し変更点がありそうです。

iPad Proのベースモデルは32GBからであり、その高価格モデルとして128/256GBを提供します。
このことは、今秋に出てくる大型iPhoneから期待されることの前触れです。
iPhone 7 Plusは、32GB(749ドル)と64GB(849ドル)、128GB(949ドル)があります。
iPhone 7 Proに関しては、iPad Proモデルと同じように32GB(849ドル)と128GB(999ドル)、256GB(1149ドル)がありそうです。
この価格はたしかに高価であり、価格に無頓着で最高クラスのiPhoneを望む購買層をねらいとします。

アップルの価格構成目標は、つねに顧客を説得しようとしてきました。
iPhone 6sの価格構造を見ると、最初の100ドル値上げで48GBの追加容量とし、次の100ドル値上げでは64GBの追加容量となっています。
749ドルのiPhone 7 Plusから849ドルのiPhone 7 Proへ上げると、顧客は16GBの追加容量と高機能カメラを手に入れられます。
でも、128GBがニーズに対応していない顧客にとって、iPhone Proの最上級モデルはその客層に対して128GBの追加容量を与えるでしょう。
それは電話でそのくらいのストレージ・スペースを必要とする人は、4Kビデオ撮影をする人と同じであると理解する必要があります。

スマートフォンのアップグレードサイクルが長期になるように設定されている場合、アップルはできるだけハイエンドで単位当たりの利益を多く提供することを考えています。
追加機能/ストレージ容量搭載の大容量ストレージのiPhoneを導入することは、機会活用において適切です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

チャーミング・ショップス   アルファベット   スクエア   Ares Capital Corporation 5.875% Senior Notes due 2022   アップル   ダイアックス   Eaton Vance High Income 2021 Target Term Trust of Beneficial Interest   ファイヤーアイ   Lattice U.S. Equity Strategy   コーニング   マッケソン   バンガード・FTSE・パシフィックETF   フォーチュン・ブランズ・ホーム&セキュリティ   ASAゴールド・アンド・プレシャス・メタル   NXPセミコンダクターズNV   USA Mobility, Inc.   コムストック・リソース   アルバニー・インターナショナル   アンティジェニックス   iシェアーズ 米国国債 7-10年 ETF   ツイッター  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング

間近によく検索されている銘柄ランキングです