アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ボーイング、英国政府から32億ドルの受注

日本時間: 2016年3月26日 22時49分 公開

米国政府は金曜日に、ボーイング(Boeing Co.)の哨戒機P-8Aについて英国政府との32億ドルの契約を承認したと発表しました。
ボーイングは、2012年8月に英国政府がニムロッドMRA4の購入を中止して以来、英国政府と交渉を続けていました。

取引は形式上、政府間の売買として行われるものと報じられており、また、哨戒機の具体的な引き渡し時期なども公開されていません。さらに、議会は15日以内に軍用機の輸出に反対することが可能となっていますが、これに関しては米英政府の関係を考慮すると反対決議が出ることは無いものと推測されています。

英国政府によるP-8A購入は、国家を潜在的脅威から防衛するための空中戦力増強計画の一環として行われていると考えられています。

現在ボーイングは、2018年にAP-3Cオライオン哨戒機の退役を予定しているオーストラリア政府とも交渉を進めており、2021年度までにP-8Aの購入が行われる可能性が高いと予想されています。
またインド政府も、ツポレフTu-142M哨戒機の後継機としてP-8Aを採用しており、2011年には4機購入しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

テスラモーターズ   ARCグループ・ワールドワイド   パルス・バイオサイエンス   ツイッター   アルファベット   コンパス・ミネラルズ・インターナショナル   アクセレレート・ダイアグノスティックス   エレクトロコンポーネンツ   アンベブ・エス・エー   ペイパルホール・ディングス   マーキュリー・システムズ   ボックス   バンガード・S&P 500 ETF   THL Credit Senior Loan Fund of Beneficial Interest   モネータ・ポーキュパイン・マインズ   マンハッタン・アソシエイツ   MetLife Inc. Preferred Series A Floating Rate   エーティーアンドティー   アリババ・グループ・ホールディング   ネットフリックス   ビザ  

このニュースの関連企業・銘柄

ボーイング<BA>

リアルタイム・検索ランキング