アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルの配当金は5年間でどうなるのか

日本時間: 2016年3月16日 1時30分 公開

2012年の配当開始以来、アップル(NASDAQ:AAPL)の分割調整後四半期配当の支払いが、0.38ドルから0.52ドルへ増加しています。

この成長可能性は、103ドルの株取引で2%の収率をより魅力的なものにさせます。
貸借対照表上、アップルは現金・現金同等物・市場性有価証券2160億ドル、一株あたり約39ドルを有します。

そして、630億ドルの年間フリーキャッシュフローがあります。
直近12か月の間に、アップルは117億ドルの配当金を支払い、フリーキャッシュフローの18%を表します。
今後の更なる増配の余地があります。
2012年の配当開始以来、アップルは配当増加の継続を約束してきました。

CEOのティム・クックは再度、今年初めの年次株主総会で配当の増加を約束しました。
アップルは毎年11%の増配の平均化され、増配速度を維持した場合は四半期ごとの配当金総年間配当支出は2015年の2.03ドルから2020年の約3.42ドルに増加するでしょう。

さらに、この場合ですと2020年の年間総配当は年間キャッシュフローの約31%になると言われています。
つまり、フリーキャッシュフローが現水準で停滞していても、今後数年間2桁のレートで配当金を増やすことが可能です。

アップルは高収量配当株ではないかもしれませんが、その配当成長可能性は所得投資家の強固な賭けを引きさします。
アップルの計エンジンが第2四半期報告をする4月に、増配を発表する予定です。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アビリティ   OHA Investment Corporation   タンガー・ファクトリー・アウトレットセンター   ウエスタン・アセット・グローバル・パートナーズ・インカム・ファンド   エーゲリオン・ファーマシューティカルズ   ペプシコ   プロビデンス・サービス   インスペリティ   アルファベット   ユニバーサル・ヘルス・サービス   アサーシス   アリババ・グループ・ホールディング   マーシュリッチ・カンパニー   ルイジアナ・パシフィック   ゴールド・フィールズ   TOR   マンパワーグループ   チポレ・メキシカン・グリル   Eaton Vance California Municipal Bond Fund of Beneficial Interest $.01 par value   ロッキード・マーティン   ジョンソン・エンド・ジョンソン  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング