アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルは可変性において両面作戦を取るべきか

日本時間: 2016年3月15日 6時22分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)のモバイル技術革新の繁栄ための過去の放棄信念により、iOSはすべてのモバイルデバイスへ注力されることになります。

アップルはゼロからのスタートであったため、プラットフォーム構築ではより多くの労力がかかりました。
マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)はデスクトップとタブレットでOS共有およびアプリ互換・可用性ができるWindows8に賭けていました。
しかし、過度にタッチインターフェイスに集中したため、Windows8にも課題が残りました。
デバイスの可変(convertibles)と着脱可能(detachables)も新しい動きと言えます。
マイクロソフトはサーフェス、アップルはiPad Proに分類されます。

iPad Proはスマートキーボードアクセサリを有しているので、今後発表される9.7インチのiPad Proとともにアップルの成長機会を捉える最善の策になります。
デバイスの可変・着脱可能への挑戦は、つねにインターフェイスの問題となっています。
iPad Proをラップトップ構成で使用する際に、キーボードとApple Pencilほどマウスおよびその他ポインティングインタフェースに勝るものはありません。
Windows10でインターフェイスの大幅な改善を行い、タッチベースの入力から昔ながらのボタンに触れる操作のキーボードおよびマウスへと戻りました。

最終結果として、可変・着脱可能フォームファクタという点で、Windows10はiOSよりもでいくつかの利点があります。
けれども、アップルにも危機管理計画があるはずです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

モーリス   Global X Health & Wellness Thematic ETF   Brookfield Asset Management Inc Ex-Distribution When Issued   スクエア   バークレイズ   Global X Scientific Beta Japan   Babson Capital Global Short Duration High Yield Fund of Beneficial Interests   ヌベラ・エンバイロメンタル・ソリューションズ   ブリンク・カンパニー   アンダーグラウンド・エナジー   SPDR・S&P・ミッドキャップ・400・ETF   Art's-Way Manufacturing Co. Inc.   グローバルX・グル・ETF   PureFunds ISE Big Data   ウェルタワー   ブラックロック   キンダー・モーガン   ウェルズ・ファーゴ   ヌビーン・エナジー・MLP・トータル・リターン・ファンド   インフォシス   iPath Bloomberg Precious Metals Subindex Total Return SM Index ETN  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>
マイクロソフト<MSFT>

リアルタイム・検索ランキング