アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルは可変性において両面作戦を取るべきか

日本時間: 2016年3月15日 6時22分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)のモバイル技術革新の繁栄ための過去の放棄信念により、iOSはすべてのモバイルデバイスへ注力されることになります。

アップルはゼロからのスタートであったため、プラットフォーム構築ではより多くの労力がかかりました。
マイクロソフト(NASDAQ:MSFT)はデスクトップとタブレットでOS共有およびアプリ互換・可用性ができるWindows8に賭けていました。
しかし、過度にタッチインターフェイスに集中したため、Windows8にも課題が残りました。
デバイスの可変(convertibles)と着脱可能(detachables)も新しい動きと言えます。
マイクロソフトはサーフェス、アップルはiPad Proに分類されます。

iPad Proはスマートキーボードアクセサリを有しているので、今後発表される9.7インチのiPad Proとともにアップルの成長機会を捉える最善の策になります。
デバイスの可変・着脱可能への挑戦は、つねにインターフェイスの問題となっています。
iPad Proをラップトップ構成で使用する際に、キーボードとApple Pencilほどマウスおよびその他ポインティングインタフェースに勝るものはありません。
Windows10でインターフェイスの大幅な改善を行い、タッチベースの入力から昔ながらのボタンに触れる操作のキーボードおよびマウスへと戻りました。

最終結果として、可変・着脱可能フォームファクタという点で、Windows10はiOSよりもでいくつかの利点があります。
けれども、アップルにも危機管理計画があるはずです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Teekay Offshore Partners L.P. 7.25% Series A Redeemable Preferred Units   Lakes Entertainment Inc   BG Medicine Inc.   アリババ・グループ・ホールディング   Deutsche Bk Contingent Cap Tr III Tr Pfd Secs   中国石油天然気股份有限公司   ProShares Ultra Russell 3000   シスコシステムズ   アルファベット   iPath US Treasury Long Bond Bull ETN   ウォルマート・ストアーズ   ルメンタム・ホールディングス   メドナックス   アップル   アプライド・オプトエレクトロニクス   マイクロソフト   スクエア   Maiden Holdings Ltd. 6.625% Notes due 2046   ハイスター・イェール・マテリアルズ・ハンドリング   Electrum Special Acquisition Corporation Warrants   CSX  

このニュースの関連企業・銘柄

マイクロソフト<MSFT>
アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング