アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラモデルSオーナー、シンガポールで二酸化炭素排出量に関する罰金の適用

日本時間: 2016年3月10日 1時46分 公開

テスラ・モーターズ(Tesla Motors Inc.)のモデルSオーナーは、シンガポール陸上交通庁により、モデルSで使用する電力を発電するプロセスで排出される二酸化炭素について15000シンガポールドルの罰金を科されました。

直接的には二酸化炭素を排出しない電気自動車に対する課税は、直感的に理解しがたいものですが、シンガポール陸上交通庁の基準によると、テスラモデルSの二酸化炭素排出量は深刻なものであるとされています。
陸上交通庁のグリッド排出係数に基づいた試算によると、モデルSは1kmの走行距離当たり444Whの電力を消費し、222gの二酸化炭素を間接的に排出しているとされています。

これに対し、モデルSのオーナーは、テスラ・モーターズの統計によるとモデルSは1kmの走行距離当たり210Whの電力を消費するのみと主張し、規制に照らして罰金が不当であることを主張しているほか、むしろ規制によると30000シンガポールドルの低排出車への補助金が適用されると主張しています。

テスラ・モーターズCEOは、シンガポール首相とこの問題について既に取り上げている段階で、モデルSのオーナーやテスラ・モーターズにとって良い結果へと好転する可能性が高くなっています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

J P Morgan Chase & Co Warrant expiring October 28 2018   アルファベット   リバティ・トリップ・アドバイザー・ホールディングス   コヒーレント   ゴールドマン・サックス・MLP・アンド・エナジー・ルネサンス・ファンド   Horizon Global Corporation   MFS Special Value Trust   First Republic Bank San Francisco California Depositary Shares Representing 1/40th Perpetual Preferred Series D   コーエン&スティアーズ・セレクト・プリファード・アンド・インカム・ファンド   グローバル・ペイメント   XLグループ   ウォバシュ・ナショナル   アライアント・エナジー・コーポレーション   WSI Industries Inc.   アトラシアン   ドイツ・Xトラッカーズ・ハーベスト・300・CSI・チャイナ・Aシェアーズ・ETF   マニング・アンド・ネピア   FX Energy Inc. 9.25% Pfd Ser B   タンデム・ダイアベティス・ケア   ワークディ   SPX FLOW Inc.  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>
コールズ<KSS>