アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルは(まだ)やけっぱちではありません

日本時間: 2016年3月8日 22時45分 公開

著名な(とかなり正確な)アップルのアナリストであるミンチー・クオによると、アップルは考えられないようなことをしうるであろうと指摘します。
つまり、iPhone 5sの価格を50%大幅に削減します。

さらに、今月後半にのプレスイベントで発表が予想される4インチの「iPhone SE」も加えます。
新しいiPhone SEは、典型的にアップルの最低公定価格点となっている400ドルから500ドルの価格範囲と言われています。
しかし、50%減少となると225ドルとなるでしょう。

平均販売価格が低下する一方、225ドルのiPhoneの広い意味合いは潜在的な単位成長とも言えます。
相対的に言って、クオはかなり正確なトラックレコードを実証してきました。
しかしながら、クパチーノでおもに行われた戦略的議論のため、価格予測は少し難しいです。
このことはブランディングにも適用されます。

信頼性の高いブランド漏えい情報は、製品パッケージの漏えい画像という物理的な証拠が由来となりますが、価格予測には物理的証拠はないため、困難が予想されます。
本当の問題は、アップルがブランド力を犠牲にしながらユニットを成長させる投資家圧力を感じているかにあります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ASMLホールディング   WisdomTree Japan Hedged Financials Fund   コーニンクレッカ・フィリップス・NV   ヴァーレ   グルーポン   Andina Acquisition Corp. II Units   CSP Inc.   ダタラマ   アクティビジョン・ブリザード   ウィズダムトリー・スモールキャップ・アーニングス・ファンド   クラウン・キャッスル・インターナショナル   メットライフ   テラフォーム・グローバル   アルファベット   フィフス・ストリート・シニア・フローティング・レート   XPOロジスティクス   ハワイアン・ホールディングス   ETF Series Solutions Trust   ブルーエナジー   ヘルスストリーム   バーテックス・エナジー  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング