アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルユーザー、ランサムウェアの標的に

日本時間: 2016年3月7日 3時33分 公開

パロ・アルト・ネットワークス(Palo Alto Networks Inc)の研究者によると、アップル(Apple Inc)のMacコンピューターを利用しているユーザーがこの週末に初めて、ランサムウェアとして知られる有害なソフトウェアによる攻撃の対象となったとされています。

ランサムウェアとは、感染したコンピューターのデータを暗号化し、本来のユーザーが利用できないようにした上で、暗号化を解除するための金銭をユーザーに要求するもので、これまでのウィンドウズOSをターゲットとした攻撃による被害は年間数億ドルにのぼるとされています。

今回初めてMacコンピューターを標的とした「Keranger」というソフトウェアは、トランスミッション(Transmission)というファイル交換ソフトを介した感染が確認されており、感染後3日でデータが暗号化されるものとなっています。

アップルの担当者はこれについて、不正なソフトウェアのインストールを無効とする措置をとったとする一方で、詳細についてはまだ発表できないと述べています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アルファベット   United Community Financial Corp.   バリック・ゴールド   WisdomTree Trust WisdomTree Bloomberg Fltg Rate Treas Fd   バンク・オブ・アメリカ   エービービー   サイクス・エンタープライゼズ   デボン・エナジー   フェイスブック   コグネックス   iシェアーズ・グローバル・マテリアルETF   ダンキン・ブランズ・グループ   スタンリー・ブラック・アンド・デッカー   Saul Centers Inc. Dep. Pfd.   カリオファーム・セラピューティクス   ライムライト・ネットワークス   NV5グローバル   プロシェアーズ・ウルトラ・MSCI・ジャパン   プーマ・バイオテクノロジー   サイバーアーク・ソフトウェア   テスラモーターズ  

このニュースの関連企業・銘柄

ウェブMD・ヘルス<WBMD>
アップル<AAPL>
パロ・アルト・ネットワークス<PANW>

リアルタイム・検索ランキング