アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アップルとiPhoneの分裂:大丈夫

日本時間: 2016年3月4日 3時22分 公開

アップル(NASDAQ:AAPL)はよくiPhoneの単一シリーズを出しましたが、2013年にiPhone 5cとiPhone 5sのリリースを機に変化しました。
さらに2014年には、iPhone 6とiPhone 6 Plusというプレミアムスマートフォンを出し、今年の秋にはさらなるプレミアムスマートフォンを出す計画です。

次世代主力iPhoneにはiPhone 7とiPhone 7 Plus、iPhone Proの3種類があると言われています。
詳細は不明ですが、iPhone Proには2015年初旬にリンクス・イメージングを買収した際に得た技術を活用したデュアルレンズカメラを備えられているとされています。
実際、アップルセントリック・ウェブサイトでの様々なディスカッションスレッドには、iPhoneのラインナップモデルの成長を問題にするユーザーが多くいます。

もしアップルがそれらのユーザーを保持したい、あるいは新規顧客を魅了したいならば、ターゲット製品を慎重にする必要があります。
たとえば、iPhone 6/6 Plusの発売に先立って、大画面のiPhoneを望んでいた人ほんとうにおり、1つではなく2つの大画面iPhoneサイズを作ったら、iPhoneの販売が急増しました。
しかしながら、4インチディスプレイを好むユーザーの声もアップルは無視せず、iPhone SEを出すことにします。
より高価で最先端技術を採用した製品に魅力を感じる顧客のために、Plusシリーズの上にiPhone Proを導入しました。

iPhoneの平均販売価格を考えると、アップルの顧客には多くを得るために多くの支払いをいとわない傾向があります。
株主・顧客はアップルの賢明なiPhoneラインナップ拡大を心から受け入れることだと考えられ、iPhone Proはとても心待ちなものであります。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

iシェアーズ・NASDAQ・バイオテクノロジー   ビザ   3Dシステムズ   インテュイティヴ・サージカル   アルファベット   アップル   ナイキ   アルファベット   ブリストル・マイヤーズ・スクイブ   PowerShares Dynamic Build & Construction   アクセレロン・ファーマ   イボーク・ファーマ   GPストラテジーズ   キーサイト・テクノロジーズ   ニールセン・ホールディングス   バイオジェン・アイデック   Market Vectors Double Short Euro ETN   ドナルドソン・カンパニー   Surgery Partners Inc.   ゴーダディ   アーマーレジデンシャル投資法人  

このニュースの関連企業・銘柄

アップル<AAPL>

リアルタイム・検索ランキング