アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

どちらが「買い」か:ウォルマート・ストアーズ対アマゾン

日本時間: 2016年2月22日 3時56分 公開

電子商取引大手アマゾン(NASDAQ:AMZN)と小売食料品店ウォルマート(NYSE:WMT)の両銘柄を比較するには、2016年はとても良い機会です。

ウォルマートは2016年、営業キャッシュフロー274億ドル、フリーキャッシュフロー159億ドルを生成しました。
そのキャッシュフローは安定・一貫しているため、配当年次フリーキャッシュフローの約3分の2を支払うことができます。
しかし、事業成長では課題に直面しています。
2016年度には、通貨の逆風と店舗閉鎖に起因する0.7%の売上高の減少がありました。
今後の売上高見通しは、2017年の収益成長の見通しを3~4%引き下げます。

アマゾンの売上高は、2015年には20%増加し増した。
そして、2015年のフリーキャッシュフローは73億ドルであり、一株あたり利益は0.52から1.25ドルになりました。
いったん評価となると、市場はアマゾンのようにウォルマートから多くを期待しません。

フリーキャッシュフローはウォルマート1590億ドル、アマゾン7.3億ドルにもかかわらず、時価総額はウォルマートの時価総額2030億ドル、アマゾンは2480億ドルドルです。
価格対売上高比率の比較では、ウォルマート0.4に対してアマゾンは2.4です。

これら2つの株式の現況を確認することで、投資家はどちらを買いとみるかという最終的な機会を有します。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Cresud S.A.C.I.F. y A. Warrants On Shs 05/22/2015   トランスアクト・テクノロジーズ   ファイザー   サイアノテック   フォックス・ファクトリー・ホールディング   アルファベット   インテル   ブルックフィールド・インフラストラクチャー・パートナー   ラドウェア   プロシェアーズ・ウルトラ・シルバー   AKスチール   チャンネルアドバイザー   バックル   サウスウエスタン・エナジー   ボーイング   SBAコミュニケーションズ   ネットフリックス   キャボット・マイクロエレクト​​ロニクス   テスラモーターズ   コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ   Victory CEMP US Small Cap Volatility Wtd Index ETF  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>
ウォルマート・ストアーズ<WMT>

リアルタイム・検索ランキング