アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

マイクロソフト社のウィンドウズ10、利用率が増加

日本時間: 2016年2月21日 6時22分 公開

マイクロソフト(Microsoft Corporation)の提供しているオペレーティングシステムのウィンドウズ10が最も人気のオペレーティングシステムとなりつつあります。

ウィンドウズ10がリリースされて以来、わずか6カ月ですでに2億台以上のパソコンにインストールされており、これまでマイクロソフトの発表したオペレーティングシステムのなかで最も早く普及しています。
これまでは2009年秋に発売されたウィンドウズ7が、2010年7月には1億7500万のライセンス販売数を達成するなど最も早い普及率を見せていました。

また、その後継のウィンドウズ8は振るわず、売上から8カ月で1億、1年以上経過しても2億のライセンス販売数を達成できませんでした。
マイクロソフトによるとウィンドウズ10はウィンドウズ7よりも140%速い普及の増加を見せているとされており、10億のインストール数に届くと予想されています。

しかしながら、ネット・マーケット・シェア(NetMarketShare)のレポートによると、現時点では最もシェアの高いOSは52%のシェアを持つウィンドウズ7であり、ウィンドウズ10は11%、2位となっています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Schwab US Dividend Equity   マテリアライズ   デクラン・リソーシズ   アルファベット   3Dシステムズ   Sunstone Hotel Investors Inc. 6.950% Series E Cumulative Redeemable Preferred Stock   メチェル   iシェアーズ・S&P500インデックス・ファンド   ビザ   メリテイジ・ホームズ   フェイスブック   MTGEインベストメント   ユナイテッド・ステーツ・オイル・ファンド   MGICインベストメント   ジェネシス・エナジー   ドイツ銀行   マナテック   マハナガル・テレフォン   メトラー・トレド・インターナショナル   エヌビディアコーポレーション   ネプチューン・テクノロジー・アンド・バイオリソーシズ  

このニュースの関連企業・銘柄

マイクロソフト<MSFT>
キーウィ<QIWI>

リアルタイム・検索ランキング