アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

どちらが買いか:ウォルト・ディズニー対ネットフリックス

日本時間: 2016年2月19日 5時26分 公開

ウォルト・ディズニー(NYSE:DIS)とネットフリックス(NASDAQ:NFLX)双方、2016年初期の市場急落で大打撃を受けたが、どちらが「買い」であると判断されるかを比較して見ましょう。

ネットフリックスとは対照的に、ディズニーは売上高540億ドル、純利益90億ドル、17%の純利益を挙げた成熟・高収益企業です。
実際に、ディズニーは確実に成長しており、2015年度の平均収益成長率は平均7%を上回る9%であり、一株あたり利益は19%上昇しました。
とくに、2015年第4四半期はスター・ウォーズの販売により営業利益は上昇し、CEOのボブ・アイガーは知的財産サイクルの堅調・成長について取り上げました。
ディズニーの540億ドルに対して、ネットフリックスの年間売上高約7億ドルは小さいが、売上高前年同期比23%増であることから急速に成長しています。

ネットフリックスの成長はコスト高ですが、長期的な成長の可能性を有します。
事業は130か国に拡大し、今後数年後以内に中国への進出が見込まれます。
ネットフリックスの価格対売上高比率が5.7に対して、ディズニーは2.9であり、このことはディズニーのほうがより収益性の高い企業であると見なされます。

しかしながら、成長機会が実行された場合、ネットフリックスのほうがよりよい実績を挙げるかもしれません。
モトリー・フールの共同創設者のデビッド・ガードナーと、CEOのトム・ガードナーは2月19日金曜日に、株式推奨事項を明らかにするつもりです。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

Nuveen New York Municipal Value Fund 2 of Beneficial Interest   Network-1 Technologies Inc.   パワーシェアーズ・ダイナミック・メディア・ポートフォリオ   3Dシステムズ   ラム・リサーチ・コーポレーション   アルファベット   チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ   インテュイティヴ・サージカル   Franklin Liberty Short Duration U.S. Government   セルジーン   アリババ・グループ・ホールディング   PowerShares Russell 1000 Low Beta Equal Weight Portfolio   ゼロックス   サービスナウ   パロ・アルト・ネットワークス   フェデックス   オメガヘルスケア   アドバンテスト   アレキサンダーズ   Equity Commonwealth 6.50% Pfd Conv Shs Ser D   ヒストジェニックス  

このニュースの関連企業・銘柄

ネットフリックス<NFLX>
ウォルト・ディズニー<DIS>

リアルタイム・検索ランキング