アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

テスラに謎のライバル浮上?

日本時間: 2015年7月22日 1時41分 公開

 高級電気自動車市場は今やテスラモーターズの独壇場ですが、同社大量生産型車「モデル3」の2017年の発売に合わせ、新たなライバルが名乗りを上げました。

 2014年に設立したばかりの新企業ファラデー・フューチャー (FF) は、2017年の電気自動車製品化を公言し、詳細を明かさないながらも4つのタイヤを備えている以外は業界のどの車にも似ていないとしています。

 同社は日産がリサーチ&デザイン部門に使用していたカリフォルニア州ガーデナ市の建物に会社を構えています。現在は社員200名ですが、週10名のペースで増員し、2016年には300名を揃える計画とのことです。 

 ビジネス系SNSサイト『リンクトイン・プロフィール』の情報を見るに、これまで集めた人材は業界トップレベルです。例を挙げれば、デザイン責任者はBMWのi8、i3コンセプトカー担当者、製品設計担当は元テスラモデルSのシャシーデザイン責任者、内装デザイン担当はボルボから、パワートレイン担当はシボレー・ボルト開発担当から、その他GM重役や、他の業界ではスペースXからの引き抜きも見られます。

 これだけの人材収集から高いレベルの資金的背景も示唆されるFFは、インターネット、自動車、航空宇宙の技術を盛り込み、最終的には環境配慮型でネット接続のスマートカーを目指しているようです。
 
 テスラの初期に投資開始機会を逃した投資家たちにとって、FFはより魅力的な価格提示でテスラを負かす可能性を秘めています。パイオニアのテスラから学ぶことで初期段階の障害を回避できるのもFFの強みです。

 「テスラ」の名は電気システムに大きく貢献した二コラ・テスラに因んだものですが、「ファラデー・フューチャー」も発動機を発明したマイケル・ファラデーにインスパイアーされたようです。FFが実際に市場参入を果たした場合、テスラからファラデーへという時代を遡る繋がりが再現します。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

アリババ・グループ・ホールディング   アポロ・グローバル・マネジメント   インテル   アルベマール・コーポレーション   パロ・アルト・ネットワークス   アルファベット   サンストーン・ホテル・インベスターズ   フェイスブック   トランスオーシャン   エヌビディアコーポレーション   クラウン・キャッスル・インターナショナル   マクドナルド   サイバーアーク・ソフトウェア   テスラモーターズ   Comstock Homebuilding Companies Inc.   スクエア   インテュイティヴ・サージカル   ギリアドサイエンシズ   バリック・ゴールド   クアルコム   ウェルズ・ファーゴ  

このニュースの関連企業・銘柄

テスラモーターズ<TSLA>

リアルタイム・検索ランキング