アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

スターバックス、再度値上げを発表

日本時間: 2015年7月21日 3時22分 公開

 スターバックスは最近、再び商品価格を値上げすることを発表しました。 今回の値上げ幅は、0.05~0.20ドルです。同社によると、これにより客単価が約1%上昇する見通しです。

 値上げの対象となる飲料の種類は、市場によって違いますが、ほとんどの店舗で、トール、ベンティサイズのコーヒー、また、グランデサイズのラテを値上げします。袋詰めコーヒーは、値上げの対象にはなりません。

 スターバックスは、これまでにも何度か商品の値上げをしてきました。
 2013年6月に、同社は、商品価格を約1%値上げしました。 そして、2014年には、店舗内での一部の飲料を0.05~0.20ドル値上げし、量販店で販売されるスターバックスの袋詰めコーヒー豆・コーヒー粉の小売価格を約1ドル値上げしました。2014年6月に、アラビカ種コーヒー豆の価格が50%以上値上がりしたためです。しかし、2015年からコーヒー豆の価格が下がり始めました。アラビカ種コーヒー豆の価格が、2014年のピークから約42%下がったのにも関わらず、今回、同社が商品価格の値上げを決定したことには驚かされます。

 このことから、スターバックスは、必要に迫られてこの決定をしたとは思えません。他のコーヒーショップは、このコーヒー豆価格の下落を反映するため、商品価格を値下げする計画です。例えば、JMスマッカーは最近、「フォルジャーズ」および「ダンキンドーナツ」ブランドのコーヒーを約6%値下げしました。

 スターバックスは、プレミアムブランドとして世界中で知られており、価格を値上げしても集客できることに自信があります。

 スターバックスの2014年度の総売上高は、10%増でした。また、同社は、2015年度も昨年同様、好調なスタートを切りました。 第2四半期には、総売上高および1株当たりの利益が前年比18%増し、過去最高を記録しました。少なくとも1年以上営業している既存店の売上高は、全体で7%、米国では、来客数が3%増加したため、7%増加しました。

 スターバックスの来客数は増加しています。同社のブランド力は、これまでと同じように強く、勢いが鈍化していないので、可能な限り値上げしない理由はありません。同社には、低所得消費者向けの他のコーヒーショップにはない、プレミアムアムブランドと優れた価格決定力があります。

 投資家は、スターバックスの積極的な価格戦略による利益を享受しています。 この価格戦略は明らかに成功し、過去2年間で、同社の収益および利益が上昇し、株価は58%上昇しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ライフバンテージ・コーポレーション   Minerva Neurosciences Inc   アルファベット   カナディアン・パシフィック・レールウェイ   BHPビリトン   エクソンモービル   ティー・モバイルUS   ピュア・ストレージ   グッゲンハイム・シッピング・ETF   サンコー・エナジー   アイロボット・コーポレーション   アルティソース・アセット・マネジメント   プロシェアーズ・ウルトラ・QQQ   RLJエンタテインメント   ProShares UltraShort Industrials   ラムバス   ユナイテッドヘルス・グループ   WBI Tactical LCS Shares   Anworth Mortgage Asset Corporation 7.625% Series C Cumulative Redeemable Preferred Stock   バンガード・ヘルス・ケアETF   パンパ・エネルギア  

このニュースの関連企業・銘柄

スターバックス<SBUX>

リアルタイム・検索ランキング