アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

ギリアド、C型肝炎患者支援プログラムを見直す

日本時間: 2015年7月19日 22時52分 公開

 ギリアドはC型肝炎患者を対象とした患者支援プログラム、サポート・パスの登録患者数を今後制限することにしました。サポート・パスとは無保険や過小保険のC型肝炎患者を対象にしたプログラムで、ギリアドのC型肝炎治療薬であるソバルディやハーボニーを低価格で入手することができます。

 ソバルディとハーボニーの治療費は高額ですが、治癒率が高くギリアドはC型肝炎治療薬市場をリードしていました。しかし競合のアッヴィがヴィキラ・パック発売し、米薬剤給付管理(PBM)大手のエクスプレス・スクリプトと治療費の払戻における独占契約を結んだことでC型肝炎治療薬市場に変化が起きました。ギリアドは政府、患者団体や米薬剤給付管理(PBM)よりソバルディやハーボニーの価格を下げるよう圧力を受けました。そこでギリアドは治療を必要としていてソバルディやハーボニーの治療費に手が出せない患者に低価格で薬を提供できるよう患者支援プログラム、サポート・パスを立ち上げました。

 しかし低価格でソバルディとハーボニーを入手できるとこの支援プログラムを利用している医療保険会社が出てきました。それによりサポート・パスの登録患者数が増加し、ギリアドは医療保険会社に対して措置をとることにしました。ギリアドはソバルディ及びハーボニーの治療費の払戻をしない、若しくは払戻額を制限している医療保険会社に対してサポート・パスの登録者数を今後制限すると患者団体や医療サービス提供者宛に手紙で通告しました。またギリアドはサポート・パスのガイドラインを今後より明確にすると伝えています。

 尚、ギリアドはサポート・パスの登録者数及びこの措置による影響を受ける人数を公表していません。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

トリップアドバイザー   エヌビディアコーポレーション   アイパス・インバースS&P500VIX短期先物ETN   ブイエムウェア   Blackrock MuniVest Fund II Inc.   アルファベット   バンガード・S&P 500 ETF   ラスベガスサンズ   アンフェノール   ブラックロック・フロリダ・ミュニシパル・インカム・トラスト   マキシム・インテグレーテッド・プロダクツ   三井住友ファイナンシャル・グループ   アリババ・グループ・ホールディング   ヘロン・セラピューティクス   ハルコン・リソーシズ   ジンコソーラー・ホールディングス   SPDR MSCI Canada StrategicFactors   スターバックス   ジョンソン・エンド・ジョンソン   JD.com   ノバルティス  

このニュースの関連企業・銘柄

ギリアドサイエンシズ<GILD>
アッヴィ<ABBV>

リアルタイム・検索ランキング