アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アラガン、ドライアイ治療薬のジェネリック化に直面

日本時間: 2015年7月17日 2時26分 公開

 アラガンが、エイコーン・ファーマスーティカルズから2015年7月10日付で、ジェネリック医薬品認証申請に向けた通知を受け取ったことを明らかにしました。エイコーンは、ドライアイの治療薬「レスタシス」の後発医薬品認可を取得しようとしています。

 「レスタシス」の後発医薬品に関しては、他からも申請を示唆する通知をいくつか受けているとアラガンは述べています。同社は2024年8月に期限が切れる5つの特許を「レスタシス」に関して持っています。

 アラガンの製品でジェネリック化に直面しているのは他にも、「ジーネレスFe」や「ナメンダIR」といった薬剤があります。

 「ナメンダIR」は中程度から重症のアルツハイマー患者に処方する薬ですが、その後発医薬品が最近、マイランやドクター・レディーズ・ラボラトリーズから発売されました。「ナメンダIR」のジェネリック化による影響を緩和するためにアラガンは、同薬の投与量を上げ一日一回の処方にした「ナメンダXR」へ患者を移行させようとしています。

 2015年第1四半期決算報告会で同社は、切り替えは50%進んでいると報告し、第2四半期末までの移行目標60%に大きく近づいていることを明らかにしました。消費者へ直接広告するDTC戦略によって切り替えが促進されているとしています。また、「アリセプト」と「ナメンダIR」の合剤、「ナムザリク」の発売により、切り替え率はさらに進むことが予測されます。「ナムザリク」は、「アリセプト」単独療法市場にも、「アリセプト」と「ナメンダIR」の服用量を規定しない合剤市場にも有効です。市場は「ナメンダXR」よりも大きく、アルツハイマー患者にとっても1日1回の服用で済むというメリットがあります。

 アラガンのザックス評価は現在、「保留」の3です。ヘルスケア部門でザックス評価の上位にいるのは、「強い買い」の1をつけているイレブン・バイオセラピューティクスです。

最近検索された株 (銘柄トレンド)

ショー・コミュニケーションズ   バスコ・データセキュリティ・インターナショナル   アルファベット   アイロボット・コーポレーション   ホライゾン・バンコープ   アップル   ペトロレオ・ブラジレイロSA   ギリアドサイエンシズ   ファイザー   プロクターアンドギャンブル   MGMリゾーツ・インターナショナル   アイアン・サウス・マイニング   コカ・コーラ   アバゴ・テクノロジーズ   エコペトロル   Equity Commonwealth of Beneficial Interest   アンベブ・エス・エー   ボックス   Gabelli Healthcare PFD SER A   インバケア・コーポレーション   テスラモーターズ  

このニュースの関連企業・銘柄

ベスト・オブ・ザ・ベスト<BEST>

リアルタイム・検索ランキング