アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アッヴィのインブルビカの適応追加をEMAが承認

日本時間: 2015年7月14日 4時32分 公開

 慢性リンパ性白血病(CLL)やマントル細胞リンパ腫(MCL)治療薬であるアッヴィのインブルニカ(一般名:イブルチニブ)が欧州でワルデンシュトレームマクログロブリン血症(WM)の治療薬として承認されました。
今回承認されたのは成人のワルデンシュトレームマクログロブリン血症患者で過去に最低でも1回の治療を受けた、若しくは化学免疫療法適さない患者への治療薬として承認されました。ワルデンシュトレームマクログロブリン血症の治療薬として欧州では初めて承認された薬となります。

 インブルビカは欧州では既にマントル細胞リンパ腫や慢性リンパ性白血病の治療を受けた患者、若しくは17番染色体短腕(17p)やTP53遺伝子に変異を有し化学療法が摘なさい患者の治療薬として承認されていました。米国では既にワルデンシュトレームマクログロブリン血症、マントル細胞リンパ腫と慢性リンパ性白血病の治療薬として承認されています。

 インブルビカはファーマサイクリックとヤンセンファーマーによって開発、商品化された製品です。2015年5月にアッヴィがファーマサイクリックを買収したことでアッヴィの主要製品の一つとなりました。ヤンセンファーマーが米国以外でのインブルビカの販売権を保有しています。今回欧州で承認されたことによりアッヴィに2000万ドルのマイルストーン・ペイメントが支払われます。

 インブルビカは2014年には5億4800万ドル売り上げており、アッヴィは2015年には米国で10億ドル、全世界で70億ドルの売上を期待しています。

 現在インブルビカは様々なタイプの血液がんを対象に単剤若しくは他の治療薬と併用で臨床試験が行われています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

XPOロジスティクス   ヴィンス・ホールディング   ジョンソン・エンド・ジョンソン   ホーム・デポ   ビーミス・カンパニー   セスカ・セラピューティックス   インテュイティヴ・サージカル   アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ハイ・インカム・ファンド   iシェアーズ・ダウジョーンズ・USユーティリティETF   FlexShares Morningstar Emerging Markets Factor Tilt Index Fund   レイオニア   iShares Trust S&P 500 Growth Index Fund   バンク・オブ・アメリカ   インジェヴィティ   Lyon William Homes   スターバックス   USシリカ・ホールディングス   ディレクション・デイリー・20・イヤー・プラス・トレジャリー・ベア・3X・シェアーズ   トリンブル・ナビゲーション   W.W. グレインジャー   ヤンデックス  

このニュースの関連企業・銘柄

アッヴィ<ABBV>