アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾンの『プライムデイ』イベントは成功するのか?

日本時間: 2015年7月16日 4時7分 公開

 2015年7月15日は、アマゾンが創立20年を記念して行う大規模な値引きセールイベント『プライムデイ』の開催日です。丸1日がかりで行われるこのイベントはアマゾンに対して好影響をもたらすことができるのか、この件について『ソーシャルレーダー』のソーシャルマーケティング部門の副部長、シェイナ・グレンゼ氏は『Foxビジネスニュース』でイベントの成り行きを解説しました。

【試供品の提供と抽選会の開催で顧客の関心を高める】
 グレンゼ氏によれば、『プライムデイ』への顧客の関心を惹くために、アマゾンは主に2つの手法で最大限の努力をしているとのことです。
1つは、日用品などの買い替え購入を簡単に行えるドングルと呼ばれるデバイスの無料提供と、もう1つは、アマゾンプライムミュージックで1曲でも聴取すると25,000ドルが当たるかもしれないという抽選会の開催です。加えて、10分おきに新しい割引商品がオンライン上に登場し、顧客の関心を逸らさないようにする工夫も施されています。

【アマゾンにとって『プライムデイ』は好影響をもたらすのか?】
 今回のアマゾンのイベントが成功するかどうかを尋ねられたグレンゼ氏は、「イベントが進行中の現段階では、世間の注目がどれだけ集まっているかがポイントです。今後に、良くも悪くもなる可能性はあります」というにとどめました。

また、「私の夫も『プライムデイ』のセール品を購入しようとしましたが、サイトが大混雑のためアクセス状況が悪く、希望の品を購入できませんでした」と、顧客の立場からするとマイナス面もあることを伝えています。しかし、多くの商品が割引対象になっていることを考えると、熱心なアマゾン顧客にとっては良いことだとコメントしています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

iシェアーズ・バークレイズ米国総合ファンド   ドーバー・ダウンズ・ゲーミング・アンド・エンターテインメント   ボーイング   ブルックフィールド・アセット・マネジメント   ドイツ・Xトラッカーズ・ハーベスト・300・CSI・チャイナ・Aシェアーズ・ETF   SPDR Barclays International Bond   Atlas Financial Holdings Inc.   アルファ・プロ・テック   インテュイティヴ・サージカル   マイクロソフト   バンガード・アドミラル・ファンド   アームストロング・ワールド・インダストリーズ   アリババ・グループ・ホールディング   iシェアーズ中国大型株ETF   アレジオン   ハーバード・バイオサイエンス   エヌビディアコーポレーション   コグネックス   ディスカバリー・コミュニケーションズ   Wintrust Financial Corporation Fixed-to-Floating Rate Non-Cumulative Perpetual Preferred Stock Series D   アルファベット  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング