アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

セルジーンがレセプトスを買収

日本時間: 2015年7月15日 20時15分 公開

 セルジーンが2015年7月14日にレセプトスの買収を発表しました。これを受けて同日、レセプトス株は5.11%、セルジーン株は1.62%上昇しました。

 セルジーンは株当たり232ドルで総額72億ドルを支払い、第3四半期中にレセプトスの買収を完了させる予定です。これにより同社は、多発性硬化症や炎症性腸疾患の画期的新薬となりうる開発最終段階の治療薬を取得することになります。

 セルジーンの事業戦略は独特で、社内で製品開発するというよりは、他社との提携や買収により製品ポートフォリオを整えていくやり方をとっています。
 
 つい最近にもジュノ・セラピューティクスとの提携を発表しました。さらにアジオス・ファーマスーティカルズとは白血病治療薬で、アストラゼネカとは免疫腫瘍療法でそれぞれ提携しており、2011年以来、30以上の企業との契約を締結しています。

 今回のレセプトスの買収が完了すれば、ピーク時には40~60億の年間売上が見込めるとされる治療薬、オザモニドを取得することになります。同薬は2018年にデータ公開が予定されています。

 「セルジーンはつまるところ、大変革をもたらす画期的治療薬を、リスクを負う必要のない開発最終段階で取得したわけだ」とコーエン&カンパニーのエリック・シュミット氏は論評し、他にも複数のアナリストが今回の買収については安い買い物だと評価しています。

 同社の今年度の薬剤部門の支出は、買収や合弁により2652億ドルに及んでいます。今回の買収はさらに今後2年の収益を下げるものの、2018年までには落ち着くと同社は述べています。

 また同社は14日の電話会議で、今年度第2四半期収支の暫定結果も公表しました。純売上高は前年同期比22%増の422億5000万ドルで、アナリスト平均予測の22億4000万ドルをわずかに上回りました。例外的支出調整後の1株当たり利益はおそらく1.23ドルとなり、前年同期の0.90ドル、およびアナリスト予測の1.13ドルを上回ります。

 同社はまた今年度のガイダンスを上方修正し、4.60~4.75ドルとしていた潜在株式調整後1株当たり利益を4.75~4.85ドルとしました。一方、年間売上ガイダンスについては90~95億ドルを据え置きました。

 両銘柄は7月15日の時間前取引でさらに上昇し、レセプトス株は5時53分現在9.86%増の227.60ドル、セルジーンは6時35分現在5.09%増の129.10ドルで推移しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

コストコ   サービスナウ   2xLeveraged Long Exchange Traded Access Securities   スプランク   アカディア・ヘルスケア   スクエア   アレクシオン・ファーマシューティカルズ   ウィンドストリーム・ホールディングス   アマゾン.com   Restaurant Brands International Inc   アルファベット   ユーロナブ   Teekay Offshore Partners L.P. 7.25% Series A Redeemable Preferred Units   Lakes Entertainment Inc   BG Medicine Inc.   アリババ・グループ・ホールディング   Deutsche Bk Contingent Cap Tr III Tr Pfd Secs   中国石油天然気股份有限公司   ProShares Ultra Russell 3000   シスコシステムズ   iPath US Treasury Long Bond Bull ETN  

このニュースの関連企業・銘柄

レセプトス<RCPT>
セルジーン<CELG>

リアルタイム・検索ランキング