アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

アマゾンはブラック企業とベテラン社員がネット掲示板で暴露

日本時間: 2015年7月9日 1時7分 公開

 『ギークワイヤ』が伝えたところによると、先ごろネット掲示板の『レディット』に掲載されたアマゾンのベテラン社員を名乗る人物からの投稿が、物議を醸しているようです。
“アマゾンに長く居すぎたオヤジ”を名乗る人物は、同社でインターンとして働いた経験のある学生たちに向けて「卒業してもアマゾンには入社するな」という内容のスレッドを投稿しました。

 この投稿に関して一部の間では、「人材集めのために、わざとセンセーショナルなことを書いた炎上商法では?」と懐疑的な見方も出ています。しかし、アマゾンの風変りな社内の労働環境は、これまでも従業員の間から、その実情が伝え漏れてきていたもの事実です。

 話題となっているスレッドには、他のアマゾン従業員や他社のIT関連会社の従業員を名乗る投稿者も多く加わり、大盛り上がりの様相を呈しています。中にはアマゾンの“ブッラクさ”を匂わせる、以下のような内情を暴露する人も現れました。
「入社して最初の2年間は、約20%のストックオプション投資を迫られるが、多くの社員は長時間労働に耐えきれ2年もたずに辞めてしまう」
「2年以内に退社した場合は、契約金のボーナスを返さないといけない」
「ソフトウェア開発者として入社すると、2年間のうちに昇格できないと解雇される」という書き込みがありました。

 最初に投稿した人物も、アマゾンでのワークライフバランスの劣悪さを指摘しており、「アマゾンの面接を通る学生であれば、よそのIT会社の面接もクリアできるだろうから、わざわざ入社する必要はない」とコメントを残しています。
また、別の古株アマゾン社員を名乗る人物は、「新卒の社員が2年以上もったのを見たことがない。アマゾンの社員評価制度も透明性がない。何が行われているのか不明で、ベテラン社員達もウンザリして退社していく」と、一連のネガティブコメントに同調しています。

 アマゾンのこのような内部事情については、『ゴーカー』も以前「かなり特殊な労働条件だ」とリポートを出していました。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

First Trust RiverFront Dynamic Europe ETF   バンコ・ブラデスコ   メディシノバ   レメイト・バスキュラー   アルファベット   ウェルズ・ファーゴ   プロクターアンドギャンブル   JPモルガン・チェース   John Hancock Multifactor Large Cap   ペトロブラス   ホーメル・フーズ   コミュニティ・ヘルス・システムズ   ユニリーバNV   シェブロン   ナショナル・グリッド   グラクソ・スミスクライン   ペイパルホール・ディングス   アップル   アリババ・グループ・ホールディング   フィットビット   フェラーリ  

このニュースの関連企業・銘柄

アマゾン.com<AMZN>

リアルタイム・検索ランキング