アメリカ株ニュース | アメリカ株式市場情報サイト

アメリカ株ドットコム

アメリカ株ニュース

グーグルとアップルがスマートフォン向け人工知能で対決

日本時間: 2015年7月8日 3時22分 公開

 グーグルとアップルは共に人工知能(AI:Artificial Intelligence)の開発に力をいれています。

マイクロソフトは2015年5月に開催した開発者会議でアップグレードしたコルタナを発表しました。コルタナはWindows8.1やWindows10で利用可能なパーソナルアシスタント(PA)機能です。最新版のPAでは効果的な回答をするために質問を文脈で判断してカテゴライズすることができます。

 5月のグーグル年次開発者会議(I/O会議)でグーグルもナウオンタップ機能を搭載した最新版のグーグルナウを発表しました。ナウオンタップはスマートフォンをさらに便利にする機能です。例えばユーザーが特定の場所と時間で誰かと会うためにメッセージをやり取りしたとします。ナウオンタップはその予定を自動的にカレンダーに登録してくれます。さらに目的地までの道順や必要に応じて駐車場の場所も教えてくれます。

 一方アップルは6月の世界開発者会議で最新版のデジタルヴォイスアシスタントSiriを発表しました。最新版のSiriは文意を理解することで、先回りしてユーザーに様々な情報を提供してくれます。またユーザーの活動を学習する機能をもちユーザーの好みそうな提案をしてくれます。オーディオブックやポッドキャストに代わり音楽の編集もしてくれます。

 グーグルとアップルの対決は今にはじまったことではありません。2社の対決はマイクロソフトのMS-DOSとアップルⅡOSからはじまり今ではアンドロイドとiOSで対決しています。

関連ニュース

最近検索された株 (銘柄トレンド)

サイノペック・シャンハイ・ペトロケミカル   フェイスブック   サービスナウ   マイクロン・テクノロジー   アルファベット   キンダー・モーガン   リオ・ティント   パワーシェアーズ・ダイナミック・バイオテクノロジー・ゲノム・ポートフォリオ   マイクロソフト   ガルフポート・エナジー   ライン・コーポレーション   ギリアドサイエンシズ   チャート・インダストリーズ   クアッドグラフィックス   ステムライン・セラピューティクス   インテル   アマゾン.com   エヌビディアコーポレーション   マーケット・ベクトル・ベトナムETF   KKR & Co. L.P. 6.75% Series A Preferred Units   アドバンスト・マイクロ・デバイセズ  

このニュースの関連企業・銘柄

アルファベット<GOOG>
アップル<AAPL>
アルファベット<GOOGL>

リアルタイム・検索ランキング